Read Article

「忙しく限られた時間の中で、クレアールの教材のみを信じ、簿財一発ダブル合格!」小山 雄介 さん 

小山 雄介 さん

簿記論合格   財務諸表論合格

1 はじめに

H23の税理士試験において簿記論、財務諸表論を1発で合格することが出来ました。私自身の勉強の仕方を紹介させて頂くことでこれから受験される方に少しでも参考になれば幸いです。

2 受験の動機

法学部出身で社会人5年目くらいまでは簿記の意味すら分からない状態で勉強を開始しています。税理士試験を目指すきっかけは簿記との出会いでした。営業の仕事をしていますが、将来的には転職や起業を考えるようになりとにかく手に職をつけたいと思うようになりました。色々な資格を調べてみて役に立ちそうだとまず感じたのが、簿記でした。そして、簿記の3級2級を勉強するにつれて簿記が非常に面白く感じるようになりました。その結果、簿記に関連した仕事に携わっていきたいと思うようになり、税理士を目指しはじめました。

3 私の学習方法

私は通信講座であったので、自宅にてDVDで学習していました。自宅でのDVD学習の欠点はいつでも視聴できるという安心感から授業の進捗が遅れることと聞き逃してもまた聞けるという気持ちからの集中力の欠如だと思います。そこで、私が勉強を開始するに当たり自分の中でルールを決めました。それは、DVDの視聴に関しては次のDVDが届くまでに必ず視聴すること。集中力の欠如対策としては1度見たDVDは2度と見ないということでした。勉強時間に関しては、平日仕事があるときは1日の平均は2時間くらいでした。仕事でお酒が入ってしまうときは0時間という日も何日かはありました。その分、仕事が休みの時には8時間以上は勉強したと思います。ですので、総学習時間は少ないほうだと思います。では実際に私の勉強方法について以下に計算と理論に分けて紹介させて頂きます。

【計算について】

一番のポイントはクレアールから与えられた問題集、答練を信じてとことん繰り返すことだと思います。授業の中でも河野上先生が良く言われますが、合格する人は簿記にしろ財表にしろ答練を5回から7回以上繰り返してやっているということです。最初はその言葉に受験の不安から同じ問題を何回もやることで本当に受かるのかなと疑問を感じていました。しかし、時間があまりゆっくりと取れなかった私にとっては疑問を感じている暇はなくとにかく応用答練と直前答練を言われた通り5回以上実施しました。ただ、闇雲にやるのではなく拘りとして正答率と時間短縮を意識して取り組んでいました。具体的には、毎日最低でも簿記か財表の答練を1題実施し、時間のある時には2題以上実施しました。

【理論について】

初めのうちは理論集を1日1単元ずつ覚えることから始めました。そして、答練が始まってからは答練に出された理論の縮小コピーを作成し、仕事中も常に持ち歩いて空いた時間があれば覚えるように努力しました。車での移動が多かったので、車内で声を出して耳からも聞いて覚えるようにもしました。最終的には答練の理論問題の縮小コピーを毎日短時間で言えるようになるまで声に出して覚えました。また、声に出して言えるだけでは漢字の間違い等をしてしまうこともあったので、財表の答練の計算問題を解くときには理論も書くようにしました。理論に関して裏技はないと思います。私も最初はこんなに覚えられるか不安でしたが、ただ、1単元を闇雲に覚えるのではなく意味を理解し、体系的に覚えることで色々な単元がつながってくるので、どんどん覚えやすくなっていきました。会計の背景を理解することで非常に興味も出てきて暗記もはかどりました。

4 通信講座での注意点

最も注意が必要なのは先ほども述べましたが、学校に通ったりしているわけではないので、いくらでも怠けることが出来るということです。DVDに関しては如何に溜めずにスケジュール通り実施するかが重要です。 答練に関しては河野上先生も授業で良くおっしゃいますが、実際にクレアールに行って会場で受けることが重要だと思います。実際の試験同様時間が迫ってくるという感覚を覚えられますし、人の電卓がどうしても気になるという人もいると思いますので、本番慣れするために可能であれば、会場で受けるべきだと思います。しかし、私自身は遠方に住んでいることもあり、仕事の都合もあり1度も答練を会場で受けることが出来ませんでした。ですので、時間には逆に強い拘りがありました。先述したように、何度も答練をやる際に答えの正確性を勿論ですが、時間短縮は非常に意識しました。

5 最後に

私自身2科目合格を振り返ってみて1番のポイントは何度も書いていますが、目の前にある教材を信じて突っ走ることだと思います。私自身特に特別な工夫というものをしたということはありません。逆に言えば、誰でもクレアールの教材を信じて講師の先生の言うとおりに勉強すれば、受かるということです。限られた時間の中で受かるかどうか分からない不安でクレアールの教材だけやっていて大丈夫なのかという疑問が浮かぶ人もいるかもしれませんが、目の前のものも満足に解けないうちに他に手を出しても余計混乱するだけだと思います。本当に講師の先生の言われることを信じてやってきた結果が2科目1発合格だと感じています。 最後に講師やスタッフの方には大変感謝しております。まだ、3教科残っていますが、いずれも1発合格を目指していきたいと思っています。今後とも宜しくお願い致します。

Return Top