Read Article

非常識合格法

知識習得範囲を広げ過ぎず、 確かな知識力の確立と推論力・演繹力・表現力の養成に向けた学習時間への 傾斜配分を行なう「選択と集中」の実践。それが合格への近道。
学習範囲を厳選し、合格のために必要十分な論点だけを科目ごとに徹底習得。だから問題演習に辿り着くまでの時間が短縮できるとともに論理に裏付けされた各論点の正確な記憶が醸成され、そこから同時に推論力・演繹力・表現力が養われ、高い合格力が生まれます。  

ターゲット論点

税理士試験の膨大な出題範囲から、合格に必要な論点だけを徹底的に絞り込んだ「合格必要得点範囲」のエレメントとなる論点。それが『ターゲット論点』です。非常識合格法は、合格に必要十分な学習範囲を見極めた学習法です。 科目毎に定めた学習範囲の中にある厳選した合格に必要十分な論点への集中した取り組みを行うことで、全科目の必要範囲を網羅するまでに要する時間を大幅に短縮することができます。それにより、多角的な高速高回転の反復トレーニングも十分に行うことができます。その結果、確かな知識力が醸成され、合格基準突破への基盤が確立できるとともに確かな知識力から派生する推論力・演繹力・表現力を養うことができるのです。これにより未知なる課題に対しても高い対応能力が習得でき、合格力と実践力が完成されます。 ターゲット論点 ターゲット論点は、頻繁に出題される論点のベースとなる基本知識及び過去の出題実績、それに税理士業務に関わる重要性を加味して抽出しています。例えば、税法科目、本試験合格には、理論は条文を踏まえ正確に覚える必要があります。但し、近年の本試験の傾向は「問題文が長文」「事例形式」「税務上の処理(=仕訳)も書かせる」「法的な理由や考え方を書かせる」など、単に理論記憶を試すだけではなく、①計算との絡み、②他の理論の論点との絡み③試験委員の提唱する論理などをおり交ぜた出題となっており、出題可能性なども加味しターゲット論点を、抽出しています。 この基準から確定した論点だからこそ、この知識を様々な角度から繰り返し学習していくことで、どのような問題でも合格に必要な得点に対応できる推進力、演緯力、表現力が養えます。

必要学習時間と合格期間の短縮化が可能

税理士試験は計算問題ばかりでなく理論問題も出題され学習範囲が非常に広い試験です。このような学習範囲の広い試験で、学習範囲をすべてマスターしようとすることは膨大な学習時間が必要になり、決して理想的な学習方法とは言えません。 クレアールでは学習方法として出題可能性の高い合格得点範囲を中心的に学習を実践いたします。それは税理士試験の特性として、試験においてすべての問題を、試験時間内で正答することが非常に難しく、たとえ合格者であっても、解答欄をすべて埋められず、空欄になってしまう場合も多々あるからです。ですからすべての問題を正答しようとするのではなく、試験特性からも、誰もができる問題を確実に解けるようにしておくことが戦略的な学習法です。 本試験問題について、市販書籍でも各スクールのテキストでも記載されている共通論点(すなわち基本論点)だけを、応用しながら本試験を解答すると、応用力は多少必要になるものの確実に正答を導けるという結果が得られます。このことのより、合格必要得点範囲の実践による必要十分な知識の正確な記憶とターゲット論点を基軸にした論理展開力、推論、活用力を徹底的にトレーニングしていくことが、税理士試験に臨む場合には他のいかなる学習方よりも高い合格力を養う方法論であると考えます。 学習範囲を合格必要得点範囲に絞ることによって、通常よりインプットに費やす時間が激減することが可能になり反復復習する時間が確保できます。忙しく時間が無いと諦めていた方でも2科目同時学習や2年で5科目を合格することが可能になり、短期合格を実現できます。

合格に必要な重要論点のみを凝縮した、薄いテキスト

税理士試験の突破の秘訣は、人が出来る問題を確実に自分も出来るようにすること、いかにテキストや問題集を繰り返し学習するかが、重要であると考えます。そのため、クレアールの教材は、たとえ出題されても殆どの受験生ができないような重要性の低い論点を省き、出題された場合に、確実に解答できなければならない、重要な論点に絞った教材になっています。また、不必要な論点を省いているため、合格に必要なエッセンスに絞ったコンパクトな教材になっていますので、繰り返し学習が可能です。 クレアールの薄いテキスト
Return Top