Read Article

2020年合格体験記「合格できたのはクレアールのおかげです。」 米井 真美さん

米井 真美さん

受験回数:2回

行政書士を志した動機

自分も社会の一員として、独立して仕事をしたいと考え、志すことにしました。

 

クレアールを選んだ理由

1度目の受験の時は独学だったのですが、クレアールで民法を30日無料体験させていただいたことがありました。

その時の杉田先生の授業がとても楽しく、独学で勉強するよりずっと効率がいいと感じました。しかし、本試験まであと2か月ほどの時期だったため、消化する自信がなく、もし、不合格ならその時は受講しようと決めていたので、1度目の試験を受けて自己採点の結果、受講申し込みをしました。

申し込みをする時に実際に使用するテキストを見せていただいたのですが、スタッフの方が大変親切に対応してくださいました。その時に教材は毎年新しくすると聞き驚きました。送られてきた教材を見たり、講義の時にも確かに最近の話題に触れたり、直近の本試験の問題が反映されていました。

また、初学者コースにするか学習経験者コースにするか悩んでいたところ、「杉田先生の講義を聞いて決めたのならテキストは同じだから初級者コースがいい」とアドバイスしてくださいました。

おかげさまで難しい勉強も楽しく学ぶことができ、大変感謝しています。

具体的な学習方法

最初にいただいた学習計画をしっかりと見て、絶対に遅れないように受講しました。

講義を聞いた後は過去問を解くようにしていました。

先生は講義の中で何回も「条文が大切」とおっしゃっていたので、問題を間違えたときは、面倒でも条文を引くようにしました。なぜ間違いなのかわからない問題でも、条文を見るとわかるときもあり、地道な勉強が大切だと気づきました。

夏頃から模試や、答練などの復習が遅れがちになり焦りましたが、必ず全部一度はやりましたので、未消化の教材や未受講部分はありません。

添削もしていただいたのですが、毎回赤ペンのコメントがあり、それを読むと、私の答案をちゃんとみてくださっているのだとわかり、やる気がでました。

独学の時は記述が苦手で1年目の時はあまり点数をとることができなかったのですが、クレアールの「記述マスターテキスト」が届いた後は、毎日10問問題を解くと決め必ず解きました。その結果、本試験の時には記述をなんとか書くことができたので、とてもよかったと思います。

直前期の学習

仕事に行く前の朝の2時間は必ず勉強するようにしました。

過去問WEBテストを毎日Chapter1個分必ず解くことと、できる限り早く解くことも心がけていました。

また、模試を解くときは時間配分と解く順序を決めて必ずその通りにやりました。先生が時間配分は大切だと何回も講義中におっしゃっていたからです。

試験が近づくにつれ不安になり、寝る直前まで講義の音声を聞く日々が続きました。本当は間違えた問題を何度も復習し、過去問題は完璧!と言えるくらいまでになりたいと思っていましたが、実際は理想とはほど遠く本試験を迎えてしまいました。試験前の不安は最後まで消えませんでした。しかし、コンプリーションテキストを使った「総まとめ講義」の最後の講義の時に先生が、「試験を楽しんでそして最後まであきらめずに真剣にとりくむこと」とおっしゃって、それを聞いたときは年甲斐もなく、泣いてしまいました。

でも、そのお言葉があってとにかく頑張ろう、自分のできる限りを尽くそうと思えるようになり、本試験の時は本当に楽しかったです。

終わりに

合格できたのはクレアールの先生、事務の方、応援してくれた家族のおかげだと思っています。

これから受験をされる方もクレアールの先生、教材を信じてきちんと学習すればよい結果になると思います。

本当にありがとうございました。

Return Top