Read Article

2020年合格体験記「徹底した反復学習で合格!」 M.Hさん

M.Hさん

受験回数:2回

行政書士を志した動機

大学を卒業し一般企業に就職、結婚して子供ができて・・とおそらく恵まれた人生を送ってはいるのだろうけれど、このままでは何か物足りない、自分の本気を試してみたいという漠然とした思いがありました。そんなときに行政書士という資格を知り、受験資格に制限がなく独立開業を目指すことができるという利用価値の高さに魅力を感じチャレンジを決めました。

クレアールを選んだ理由

Webシステムがとても充実していること、それにもかかわらず値段設定がとても良心的であったコスパの良さが決め手でした。また、合格するとお祝い金が頂けるということもモチベーションを保てた一因となったと思います。

具体的な学習方法

一年目の受験で、過去問の回転のみで強行突破しようとしてしまったことを反省し、二年目の勉強からはクレアールの教材を軸に、「理解に基づく知識」として知識を整理して覚えることを意識しながら勉強しました。

具体的には、竹原先生の「重要論点マスター講義」と「肢別論点マスター講義」を中心に、「講義の視聴→解答→誤ったところを再度視聴→解答」この流れを、学習内容を完全に忘れてしまわない程度の期間をあけて繰り返すという反復学習スタイルを直前期まで貫きました。

これに加えて、民法に関しては改正点の出題が怪しいと踏んでいましたので、「民法改正講義」も複数回視聴し、重要な改正ポイントは自作で資料を作成し、似たような制度の共通点と相違点を洗い出してまとめてみるなど、記述にも対応できる深い知識の習得のために工夫を凝らしました。

また、8月頃からは条文の暗記が重要とされる憲法の統治分野、行政手続法、行政代執行法、行政不服審査法、行政事件訴訟法そして国家賠償法については、いつでも素読できるように条文を印刷した紙を持ち歩き、出勤時の電車の中など隙間時間の活用をしていました。

一般知識に関しては、勉強時間に比例して点数が取れるものではないと感じていましたので、文章理解と個人情報保護の分野で取りこぼさないように的を絞った学習を心掛けていました。

クレアールでよかった点

Web講義が単元ごと細かく分割されて収録されていることで、ピンポイントで講義動画を探すことができ、タイムロスなく疑問解決できる点が良かったです。また、教材が一度に送られてくるのではなく、少しずつ複数回に分けて送られてくるので、学習のペースメーカーとして利用しやすかったです。

本試験で注意すること

一年目の本試験では、記憶に頼る勉強をしていたため初めて見る問題に頭が真っ白になり、ペース配分が大幅に乱れてしまいました。

二年目は同じ失敗をしないよう、本試験で起こりうる状況を想定し、あらかじめ対応方法を細かく決めておきました。また、模擬試験等を活用してどんなことがあろうともペースを守って時間内に問題を解ききる練習を入念に行いました。

私もそうなのですが、あがり症の自覚がある方は本番で8割の力しか出せなくても合格できるような勉強を常日頃心掛けることが大変重要だと思います。

最後に

私は法律に関しては全くの素人でしたし、学生時代も頭が良かったわけでは全くありません。そんな私でも、コツコツと努力を重ねることで合格することができました。行政書士試験は、普通の人が適正な方法で必要量努力をすれば必ず合格できる試験だと思います。

試験終了の合図があるまで決して諦めずに一問一問に食らいついて、絶対に合格するんだ!という強い気持ちを持ち続けて下さい。

そして、天災や感染病など何が起こるかわからないこのご時世で、勉強することができていること自体とても有難いことであると思いますので、身近な方への感謝を忘れず、時間を無駄にすることなくひたむきに勉強すれば、合格の神様は必ず微笑みます!皆様のご検討をお祈りしております。

Return Top