お得な割引キャンペーンのご案内

【2023最新】行政書士試験の過去問・解答8年分!おすすめ勉強法も紹介

行政書士試験に合格するには多くの時間が必要です。たくさん勉強をする中で「勉強で忙しい中で、過去問にはどれくらい取り組めばよいのかわからない」と感じる方も多いでしょう。この記事では、行政書士試験の8年分の過去問・解答をまとめて掲載します。おすすめの勉強法についても合わせて紹介しますので、ぜひご覧ください。

目次

令和4年度(2022年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題1・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

令和3年度(2021年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題1・7・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

令和2年度(2020年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題1・5・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

令和元年度(2019年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題1・20・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

平成30年度(2018年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題1・7・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

平成29年度(2017年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題1・6・58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

平成28年度(2016年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

平成27年度(2015年)行政書士試験の過去問と解答

過去問題

(問題4、58~60については著作権の関係から掲載しておりません。)

解答

行政書士の過去問に取り組む3つのメリット

メリットを考えている女性

行政書士試験対策には、過去問に取り組むことが必須です。ここでは、行政書士の過去問に取り組むメリットについて解説します。

行政書士試験の出題範囲はかなり広いですが、出題範囲は無限にあるわけではありません。 過去問と似た問題が多く出題されるため、どのあたりがよく出題されているのか、過去問を解くことで出題傾向を把握することが重要です。

インプットした情報を実践的なアウトプットをするための練習として、最適なのが過去問です。過去問を解くことは、現時点の自分の実力と試験問題との差に気づき、効率的な学習をすることにつながります。

最初のうちは時間を気にせずじっくり考え、解答を読んだり、テキストで調べて理解を深めたりしながら取り組みましょう。自信がついてきたら、実際に時間を計測しながら解くのがおすすめです。

過去問を解く際には、時間配分の練習のためアラームを設定して、試験時間内にどれくらい解けるのかを試してみましょう。過去問を解くことで、試験時の時間配分などの対策を練ることに役立ちます。

また、試験の雰囲気に近いものを感じるために、カフェなどの少し雑音が入る場所で過去問を解いてみると良いでしょう。自宅は自分にとって落ち着ける、集中しやすい場所です。そのため、あえて集中しにくい場所で過去問を解くことは良い練習になります。 スクールで実施している模試を受験するのも、練習としておすすめです。

行政書士の過去問の種類

過去問の種類には、年度ごとに構成されている「年度体系別」と、科目ごとに異なる年度の問題で構成されている「科目体系別」の2種類があります。行政書士試験の勉強を始める際に試験の難しさを把握するためや、直前の総仕上げのためには「年度体系別」。また、1つずつ科目の傾向を知るためには「科目体系別」というように、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

過去問習の学習を始めるタイミング

カレンダーの画像

真面目な人ほど「ある程度勉強が進んでから過去問に取り組もう」と思いがちですが、それよりもテキストを読んだらすぐにその範囲の過去問を解くのがおすすめです。学習後すぐに過去問を解くことで、その範囲内で出やすい問題や出題傾向が把握できるだけでなく、テキストで学んだ内容がどのように出題されているのかを知ることができます。

クレアールの教材なら、テキストの各科目内のチャプターと「新論点別過去問題集」がリンクしているため、テキストを勉強しながら過去問に取り組みやすいのが特徴。ぜひ一度、クレアールの行政書士講座についての詳細をご覧ください。

【おすすめの学習順序】
講義⇔テキスト⇔過去問 → 理解! → 次の講義⇔テキスト⇔過去問

行政書士試験対策には10年分の過去問に触れよう

行政書士試験では過去問と全く同じ問題が出題されることは少ないですが、過去問と似たような問題が出題されます。そのため、できれば10年分の過去問を解いておくとよいでしょう。どうしても忙しく時間が取れない場合でも、少なくとも5年分の過去問は解いておきましょう。
行政書士通信講座のクレアールでは、論点(※科目体系)別にまとめた過去問を10年分ご用意しています。クレアールの過去問題集では一問一答形式を採用しており、また重要度を★の数で示しているため、スキマ時間の勉強にも使いやすくおすすめです。

過去問だけの勉強のみだと合格は難しい

行政書士試験の合格を目指して過去問を解くことはもちろん重要なことです。しかし、毎回必ず過去問で問われたことのない論点が出題されるため、過去問だけ勉強していても合格は難しいでしょう。また、過去問を解くだけでは体系的に学ぶことができず、知識の幅が狭くなったり、最新情報への対策がおろそかになったりしがちなので、注意が必要です。 行政書士通信講座のクレアールでは「単元別講義」「テキスト」「過去問題集」がマルチでつながる教材があり、効果的な学習が可能。ぜひ一度、クレアールの教材・講義について、詳細をご覧ください。

うまく過去問を活用して行政書士に合格するためには

行政書士に合格するには、試験の出題傾向を把握し効率的な学習につなげるため、過去問を解くことが重要です。過去問は最低でも5年、できれば10年分に取り組みましょう。学習の状況に合わせて「年度体系別」と「科目体系別」の2種類を使い分け、早い段階から活用するのがおすすめです。

行政書士通信講座のクレアールでは「非常識合格法」という学習方法を採用しています。クレアールの「単元別講義」「テキスト」「過去問題集」がマルチでつながる教材を活用し、効率的かつ質の高い学習で短期での合格を目指しましょう。

監修:行政書士・社労士 田中 伴典さん

2016年に社会保険労務士試験に合格後、社会保険労務士法人のスタッフとしてお客様を外部からサポート。その後、民間企業の人事として内部からサポートしつつ、2021年に行政書士試験に一発合格を果たす。現在は、現役行政書士・社会保険労務士として自身の事務所を運営している。

田中社会保険労務士・行政書士事務所のサイトはこちら

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。

講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。

講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次