Read Article

開業前にチェック! 行政書士の営業ツール

開業前にチェック! 行政書士の営業ツール

行政書士として独立した後は、みずから積極的に営業を行って仕事を獲得していかなくてはなりません。営業といっても単に営業力や人脈に頼っていただけでは、なかなか生き残ってはいけません。営業支援ツールをいかに上手く活用できるかがポイントになってきます。これから開業する行政書士が営業のために活用したい営業ツールにはどんなものがあるのか、活用のためのポイントとともにご紹介します。

名刺

営業ツールとして、まず基本となってくるのが名刺です。名刺には、単に事務所名と名前を書いておくだけでなく、以下のような工夫をすることで潜在顧客の開拓につながります。

・顔写真やイラストを載せる
・専門分野やモットーなどを載せる(浅く広くより、具体的な文言の方が差別化になり効果的です)
・経歴や資格などを載せる
・地図を載せる(訪問しやすくなるため集客力がアップします)
など

ホームページ

開業前にチェック! 行政書士の営業ツール
ホームページは、行政書士の営業方法としてなくてはならないツールになっています。もちろん人と人の関係も重要ですが、より多くの方に対してサービス内容に興味を持って頂くことが大切です。名刺などにホームページのURLを載せておくだけでも、集客効果がアップしやすくなります。ホームページを利用される場合には、次のようなポイントを押さえることが大切です。

・クライアントが必要としている情報はもれなく載せておく(事務所の実績や得意分野、モットー、連絡先、アクセス情報など)
・あなたの人柄や事務所の雰囲気が分かるブログコンテンツなどを用意しておく
・SEO対策を施し検索エンジンに評価されやすい作りを意識する(特に地域密着型の場合は地域を示すキーワードを配置する)

チラシ、ダイレクトメール

行政書士としての存在を多くの方に知って頂くためには、チラシやダイレクトメールといった方法も重要になります。住宅の一軒ごとに配布できるチラシや、個人ごとに送れるダイレクトメールは行政書士としての存在だけではなく、サービス内容を周知できるためにより集客につながりやすいと言えるでしょう。
あなたの事務所ならではの情報をお届けすることで、魅力や強みを伝えやすいツールだと言えます。

書籍、電子書籍

書籍はホームページと同様、世間に広く周知されるので、より大きなフィールドで活躍していきたい方には効果的な営業ツールとなります。ただし、書く内容も評価に関わってきますので、専門的でためになる内容を記載するか、もしくはそれが無理であれば斬新な切り口で面白い内容を記載するなど、書く内容を十分練る必要があります。
紙媒体の出版のハードルが高い場合は、今の時代ならではの電子書籍という選択肢もあります。電子書籍の場合、求められる内容的にも出版費用的にもハードルが下がります。

以上、開業する行政書士が活用した営業ツールについてご紹介しました。これらの営業ツールを活用することで、より多くの顧客を開拓できるようになります。まずはポピュラーな名刺やホームページなどから、取り入れてみてはいかがでしょうか。

Return Top