Read Article

人気の資格「行政書士」ってどんな仕事?

人気の資格「行政書士」ってどんな仕事?

幅広い層から注目を集める人気資格の一つに「行政書士」があります。
その名称から法律に関する仕事だろうと想像はつくものの、具体的にどんな仕事をするのかは知らないという方も多いのではないでしょうか?
行政書士とはどういう職業なのか、その仕事内容などについてお伝えします。

行政書士は「書類作成のエキスパート」

法律を扱う仕事と言えば、「弁護士」や「司法書士」などを思い浮かべる方が多いかと思います。
行政書士も、弁護士などと同様に法律を扱う国家資格の一つです。

具体的には、法律が関わるさまざまな書類の作成や、役所への提出・申請などの手続き代行、書類作成に関する相談などといった仕事を行います。

行政書士とは、いわば「書類作成や申請手続きのエキスパート」なのです。

行政書士が作成する書類は3,000種類以上

行政書士が作成する書類は3,000種類以上

行政書士の仕事の中でも大きな割合を占めるのが「行政機関に提出する書類」の作成です。
市町村役場をはじめ、税務署や法務局、入国管理局、警察署などに提出するさまざまな書類が対象となり、その数は3,000種類以上と言われています。
例えば、以下のような手続きに関わる書類を作成したり、提出手続きを代理・代行したりします。

・新車を購入した場合の登録手続き
・飲食店や建設業の開業許可手続き
・会社の設立手続き
・外国人の在留資格の更新や変更手続き

役所に提出する書類だけではなく、「権利や事実を証明するための書類」を代理で作成したり、書類作成のための相談を受けたりといった仕事もあります。
例えば以下のような書類です。

・契約書
・遺言状
・交通事故の示談書
・株主総会議事録

意外に外出も多いアクティブな仕事

書類作成が行政書士の主な業務ということから、デスクワーク中心の仕事をイメージされる方が多いかもしれません。

しかし実際のところ、行政書士は事務所にこもって黙々と作業するような仕事ではありません。
書類を作成するためには、資料を集めたり現地での調査を行ったりする必要も出てきます。

また、複雑な許認可の申請手続きなどの場合には、依頼者との打ち合わせを何度も行ったり、役所へたびたび足を運んだりする必要も出てきます。
デスクワークだけではなく、外出業務も多いアクティブな仕事なのです。

行政書士の仕事について、基本的な部分をご紹介しました。
これから行政書士の資格取得を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Return Top