サイトをリニューアルいたしました。

×FP資格で、最強ダブルライセンスを手に入れ、仕事の幅を広げよう!

目次

FP×税理士の最強ダブルライセンサー 
藤崎仁講師にインタビュー

FPは、宅建・社労士・税理士・行政書士等の士業とも関連性・親和性が深く、ダブルライセンサーになることによって扱える業務の幅が広がるので、ダブルライセンサーは同業者との差別化に繋がります。
FP(CFP/FP1級)と税理士のダブルライセンスを所持者のクレアールFP講座担当 藤崎仁講師にダブルライセンスを目指した理由、メリット等をインタビューしました。

藤崎 仁 講師

【CFP / FP技能士1級 / 税理士】
10年以上の豊富な講師経験に加え、税理士事務所所長としての実務での経験を活かした、わかりやすい事例による当てはめや実務家ならではの観点からの講義には受講生からも評価が高い。

藤崎先生は、講師業の他に、現在、税理士事務所を経営されていますが、
先に税理士資格を取得後、FPを取得したのでしょうか?

そうです。税理士資格を取得し、税理士として働き始めた後に、FPを3級→2級→CFP/1級という流れで取得しました。

FP資格を取得しようと思ったきっかけは?

まずは保険について、特に必要保障額の知識を身につけたいと思ったためです。年末調整の時期になると、お客様から生命保険等の控除証明書を提出してもらいますが、1人でたくさんの生命保険に加入しているお客様が結構多くいらっしゃいまして。お客様自身も本当に自分にとって必要な保険なのかもわからずに、保険会社から勧められるがまま加入しているパターンが大半で。年末調整業務をしながら、「こんなに生命保険に加入する必要があるのか?」と漠然と疑問に感じていましたし、お客様から相談されることも多かったので、アドバイスができるようになりたいと思いました。

FPを勉強すると、本当に必要な保険か否かの判断ができるようになりますから、お客様に対して有益なアドバイスができるようになるのは大きなメリットですね。

そうですね。あとは、不動産の知識がほしいと思ったこともきっかけとなりました。相続についての相談をお受けする機会も非常に多いですが、相続財産の半分近くが土地、建物等の不動産ですので、不動産についての知識を身につけたいと思いました。
これら保険と不動産、2つの知識を身につけられる資格が「FP」だったので、FPの学習を始めました。

FPの学習を開始されて、どうでしたか?

3級→2級と学習して、とても楽しく、実際にお客様からの相談の際にも、得た知識を活かせているな、という実感はあったので、もっと突き詰めたいと思い、CFP/1級まで目指そうと思いました。

FP資格を取得して良かったことは?

「お金に関することは銀行に相談すればいいのかもしれないけど、金融商品を売りつけられるのではないか、と不安‥でも、誰かに的確なアドバイスを求めたい。」と思っているお客様は多いです。自分がFP資格を所持していることで、税理士分野に関することだけでなく、幅広い相談に応じられるようになったことは、とても良かったと思っています。ダブルライセンスを取得していることで、税理士資格のみを所持している税理士よりも、アドバイスできる幅が広がるので、差別化に繋がっていると感じます。
また、投資に関わる税金についても複雑で、税の専門家である税理士でも自分で株式投資をしていないので詳しく把握していないという方もいらっしゃいます。
相続の際にも、上場株式や投資信託等の金融商品が含まれていることも多くありますが、相続人が金融商品について無知なパターンも多い。そういう際に、お客様へ詳しい説明ができることも、ダブルライセンスならではだと思っています。

最近、マネーリテラシー、金融教育という言葉をよく聞くようになりました。
将来に備えて、マネーリテラシーを身につけましょう、という意識が高まっています。


そうですね。マネーリテラシーを身につけるためには、FPの学習はうってつけだと思います。
3級は、学習する6分野全てを総合的に学び、基本的な知識を身につけるレベルで、2級は、3級の内容をより詳しく肉付けして学んでいきます。マネーリテラシーをしっかり身につけることを考えると、2級まで取得しておくことをお勧めします。2級まで取得しておけば、将来に備えたお金の知識は万全であり、就職や転職の際のアピール材料にもなると思います。

ダブルライセンス関連資格講座のご紹介

FPの勉強内容は、宅建、社労士、簿記、税理士、行政書士等にも役立ちます

FP×簿記検定

「FP×簿記」は、金融リテラシーを高めるための最適なダブルライセンス!

FPと同様、人気資格ランキング上位常連の簿記検定ですが、業界問わず、全てのビジネスパーソンに役立つビジネススキルを身につけることができ、社会的に高い信頼と評価を得ている歴史ある資格検定です。
FPと簿記は、お金に関する代表的な資格という共通点はありますが、FPは個人のお金の流れに関して学ぶのに対して、簿記は会社のお金の流れに関して学ぶのが、大きな違いです。
FP×簿記の両資格を持っていることで、オンオフ、トータルでのマネーリテラシーが高まるため、ダブル受講をオススメしています。クレアール簿記検定講座は、1~3級各級ごとの対策コースや、全ての級がセットになったコースまで幅広いコースをご用意しています。

FP×税理士

ダブルライセンスをおすすめする理由

・FPの取扱範囲には、相続、税金、保険といった税務があるので、税理士の業務と直接関連するものが多い。
・どちらも「お金の専門家」であり、お金の面で顧客を支え、サポートする仕事のため、共通点が多い。
・ダブルライセンスにより、顧客へのアドバイスや携われる業務領域が広がる。

また、FP技能士3級は国家資格の中では、合格率が高く、挑戦しやすい資格であることもポイントです。 特に、税理士資格の勉強をされてきた方なら、共通点が多いため学習しやすいでしょう。 顧客である事業主は、会社の税務だけではなく、ご自身の資産管理などにも不安を抱えている方は多いと思います。

FPの知識を持っていると、そのような顧客へ税理士資格だけでは網羅できない範囲の相談にも応じることができるようになり、顧客から感謝されることでしょうし、自身の強みとしてアピールできます。 税理士資格しか持っていない税理士との差別化にも繋がりますね。

FP×宅地建物取引士

ダブルライセンスをおすすめする理由

・不動産科目が共通するため、より説得性のある不動産営業を行うことができる。
・土地や建物の資産運用といった宅建の業務外の分野にもアドバイスできるようになるため、顧客とトータル的に関わることが出来、信頼獲得に繋がる

顧客への営業の際に、住宅ローンの説明や資金計画といった内容まで説明できることで、より自信を持ったアプローチができるようになりますし、顧客の購入意欲の上昇にも繋がります。 FP知識もあることで、扱える業務範囲も広がり、顧客からの信頼獲得や新規顧客獲得にも繋がることも期待できます。

また、共通科目である不動産分野については、宅建で学んだ知識を応用できるため、学びやすいという点もポイントです。

FP×行政書士

ダブルライセンスをおすすめする理由

・関わった経営者と長年に渡りお付き合いをするビジネスモデルを組むことができる。
・相続や事業継承の分野で行政書士と関連する業務がある

FP資格を持っていると、行政書士として会社設立時の手続きに関わった後も、その経営者の資産管理等の分野に関してもアドバイスができるため、顧客と長年にわたりお付き合いをするというビジネスモデルを考えることが出来ます。

また、共通分野である相続、事業承継については、今後の高齢化に伴い、相談が増えていくことが予想されるため、FP資格との相乗効果で、より詳細なアドバイスができるというメリットがあります。
行政書士で学んだ民法の知識をFP試験でも活かすことができるため、行政書士合格者にとっては合格も容易にできると思われます。

FP×社会保険労務士

ダブルライセンスをおすすめする理由

・「社会保険」と「年金」の分野で、社労士の業務と関連する部分がある。
・ダブルライセンスにより、顧客へのアドバイスや携われる業務領域が広がる。
・他社労士との差別化に繋がる

また、FP技能士3級は国家資格の中では、合格率が高く、挑戦しやすい資格であることもポイントです。 特に、社労士資格の勉強をされてきた方であれば、試験範囲で共通する分野もあるため、学習しやすいでしょう。
社労士資格だけでは相談範囲外のこともアドバイスできるようになるため、相談領域の幅が広がり、顧客へのアピールポイントになります。「FP資格ももっている社労士」として、社労士資格一本でやっている社労士との差別化も図れますし、顧客獲得にもつながっていくはずです。

どの資格講座も、FP同様「非常識合格法」「Vラーニングシステム」「マルチデバイス対応」「質問無制限制度」網羅され、効率よく、安心して学習を進めていただけます。

講座、コースの詳細は、各講座ページをご確認ください。

講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
クレアールFP講座がよくわかるパンフレットを無料でお届けします。
講座のお申し込み案内ページです。受講申し込みはこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次