司法書士★合格ブログ

司法書士を知って、学んで、夢をかなえよう!

Read Article

遺産分割による贈与と遺産分割の違い

遺産分割による贈与と遺産分割は何が違うのですか。農地法の許可の要否も分かれるので、どうやら違うようですが…

 

 

 

例えば、Aの不動産、Bの不動産の二筆の土地があるとします。Aが死亡し、相続人がBCであった場合に、BCへの相続登記がなされたとします。その後、BC間での遺産分割協議によりをし、Cが亡Aの不動産を取得することとなった場合が、いわゆる「遺産分割」です。こちらは農地法の許可は不要です。

 

一方、遺産分割協議の際に、亡Aの不動産をBが取得する代わりに、Bの不動産をCに贈与する、といった合意がされた場合には、Bの不動産のCへの移転登記の登記原因は「遺産分割による贈与」となります。こちらは農地法の許可が必要です。

Return Top