司法書士★合格ブログ

司法書士を知って、学んで、夢をかなえよう!

Read Article

民法186条の推定と民法188条の推定の違い

・民法186条の推定と、民法188条の推定は何が違うのでしょうか。

・また、なぜ民法186条では無過失の推定が働かないのでしょうか。

・186条の推定とは、占有が瑕疵のない自主占有であることを推定するものであり、188条の推定とは、占有者が正当な本権を有するものと推定するものです。

・186条で無過失の推定が働かない理由は、条文に規定がされていないからです。そして、即時取得において判例は、無過失につき186条で推定されませんが、188条によって推定させるという結論になりました。

188条が「占有者が占有物について行使する権利は、適法に有するものと推定する」としていますので、取引をする者が、前の占有者に処分権限があるものと誤信したとしても過失はない、つまり、取得者の無過失も188条を媒介として間接的に推定されるからです。

Return Top