司法書士★合格ブログ

司法書士を知って、学んで、夢をかなえよう!

Read Article

抵当権の設定

抵当権者を異にする数個の債権を担保するために、1個の抵当権を設定することは可能でしょうか。

 

抵当権者を異にする「数個」の債権を担保するために1個の抵当権を設定することは原則としてできません。自分が債権を有していない部分についても抵当権を取得することとなり、附従性に反するからです。

一方、抵当権者が複数であっても、共有する一つの債権について1個の抵当権を設定することは、認められることに注意してください。

Return Top