司法書士★合格ブログ

司法書士を知って、学んで、夢をかなえよう!

Read Article

抵当権の取扱店の表示とは

過去問の平22-22-エで、「抵当権者の取扱店」という表現があります。

具体的なイメージができないので、何なのか教えてください。

取扱店とは、いわゆる「支店」のことです。

取扱店が問題となるのは、主に抵当権者が銀行等金融機関の場合です。

単に抵当権者〇〇銀行、とされていても、実際にその大きな単体で取引をしているわけではなく、その中の支店が取引していることが多いのが実情です。当該抵当権がどの支店が取り扱っているのかを表示する上で、取扱店というのが登場するということです。

Return Top