司法書士★合格ブログ

司法書士を知って、学んで、夢をかなえよう!

Read Article

反訴と攻撃又は防御方法の違い

よく「攻撃又は防御の方法の提出」と「反訴の提起」とありますが、違いがよく分かりません。補助参加人は、反訴の提起はできないけれど、攻撃又は防御の方法の提出はできる。これの主な違いは何でしょうか。

「攻撃防御方法の提出」は、当該訴えの中で主張なり反論なりを提出することですが、「反訴の提起」とは、『本訴手続内における被告からの訴えの提起』です。反訴は、本来の訴えと同じようなものですので、補助参加人は、他人間の訴訟継続を前提として、その枠内で訴訟行為を行う者ですから、訴訟そのものを変更させたり、消滅させたりする行為をすることができません、したがって、補助参加人に反訴の提起を許すことはできません。

以上のような違いがあります。
Return Top