Read Article

「万全だった申告書対策」 奥田 幸一 さん

合格体験記

「万全だった申告書対策」

奥田 幸一 さん

私は学生時代に一度通関士受験しましたが、その時は不合格でした。

今回受験した経緯は、現在物流会社で輸入荷捌を担当しており、通関部分に関わる質問がお客様より多かった事もあり、通関士試験の再受験を決意しました。

クレアールを選んだ点は、片山先生の講義と中川先生の講義が非常に分かり易かった事が理由です。クレアールではDVD講座を受講しました。社会人である私にとって合格する為には、時間の使い方がポイントとなりました。

6月より毎週土日にDVDで合格講座を3~4講義分を受講し、次の週までに受講したテーマの問題集を2冊解きました。問題集で間違えた箇所はテキストに記載し、その範囲を再度読み返し、理解する事を繰り返しました。8月に合格講座終了後、演習講座を受講し9月中旬までに総復習を行いました。

クレアールの講義で一番良かった点は「申告書対策講座」でした。通関士試験において通関実務科目の難易度が高く、試験時間も短いまた、ボーダー点数の足きりがある為、1問でも早く正確に解く事が合格の鍵となります。申告書対策講座では申告書を解くテクニックを分かり易く教えて頂きました。また、使用するテキストには、点数配分が高い計算問題及び分類等の問題及び解き方、一覧表も載っており、非常に有効活用できました。
当該テキストをメインに勉強したことが、合格できた要因だったと思います。

Return Top