Read Article

「難関の通関実務もわかりやすく」 林 渉 さん

合格体験記

「難関の通関実務もわかりやすく」

林 渉 さん

通関士試験は、10%前後の決して簡単ではない「国家試験」です。関税法などの法律を理解する分野も大変でしたが、その中でも最も難関なのは、午後の科目、3科目めの「通関実務」です。とりわけ輸出入の申告書の作成は、関税法等の知識のみならず、貨物の分類や関税の計算についての能力まで要求され、しかもそれを限られた時間内で処理しなければなりません。初めのころは、インボイスに記載された貨物の品目を考えるのも大変でした。

この点、クレアールの教材は、ポイントを要領よくまとめたテキストを中心に、講義や添削問題も充実していて、それらを何度も繰り返し復習することにより確実に合格レベルの実力が身に付いたと思います。

通信講座でしたが、スクーリングも有効に活用させて頂いて、不明な点も確実に理解ができたと思います。
クレアールの教材を信じて学習することが、「合格への近道」だと断言します。

Return Top