Read Article

相続税法 講座概要① 特徴とカリキュラム

平成27年の改正で、相続税の申告対象者が増加! 実務上もより重要な科目になりました。

相続税は人の死亡により、配偶者や子などの相続人等に財産が承継される際に課される税金です。
クレアールでは、相続税・贈与税の基本的な計算ルールは年内にインプット。
年明けからはアウトプットの訓練を行い答案作成力を磨きます。

 

初学者・学習経験者向けカリキュラム

条文の読解力が重要! 30分講義で完成度を上げる

相続税法カリキュラム

相続税法(計算)の学習内容は、大きく分けて3分野

●民法…「相続」とは何か? 「相続人」は誰か? など相続の基本となる用語を学習します。
●税額計算…相続税法は「相続税」と「贈与税」という2つの税について定めています。相続税額・贈与税額の算出方法について学習します。
●財産評価…相続税額・贈与税額の計算の基となる財産の評価方法を学習します。
簿記の知識は基本的に必要ありませんので、税理士試験初学者の方も学習可能です!

【基礎期】のポイント
●計算…「相続」とは何か?「相続人」は誰か?など相続の基本となる「民法」を学習します。その後、相続税額・贈与税額の計算の一連の流れをマスターしていきます。
●理論…相続税額・贈与税額を計算する場合の規定について学習します。原則計算の論点と一緒の理論を学習することで、計算×理論による理解の相乗効果が生れるようなカリキュラムとなっています。
【解法マスター講義】のポイント
●基礎期・応用期…テーマを決めて、総合問題を効率よく解く方法について解説をいたします。
●直前期…受講生の方が苦手とされる応用理論・事例形式の理論について、効率的な解答を作ることができるよう個別理論を横断的に確認していきます。
【答練】のポイント 全15回の答練で総合問題を完全マスター!
基礎答練はテキストの内容が理解できているかの確認が中心ですが、応用答練、直前答練と進んでいくに従い、問題量も難易度も上がっていきます。本試験では制限時間内で解くことが難しい量が出題される傾向にありますので、少しずつステップアップしていくことで、無理なく本試験レベルの問題に対応することができます。
【応用期】のポイント
●計算…各人が取得した財産の評価を中心に学習します。
●理論…申告や納付などの手続きに関する理論が中心となります。苦手とされる受講生の方が多い分野ですので、条文の内容理解を徹底的に行います。

 

学習経験者・受験経験者向けカリキュラム

相続税法カリキュラム

相続税法カリキュラム

相続税法カリキュラム

 

Return Top