Read Article

クレアールが推奨する受験科目選択法

クレアールが推奨する受験科目選択法

受験科目選択法

これまでの『非常識合格法』の考えのもと税理士試験指導界では例を見ない、特定の5科目に特化した合格に向けての受験指導を行っています。 この分野での卓越した合格のための情報量を蓄積し、より経済性の高い講座のご提供をさせて頂きながら、業界初の「簿記論・財務諸表論2科目同時学習・同時合格」を実現した「簿財アドバンス」講座の開発など、「非常合格法」の実践に向けた様々な取り組みを展開しております。 クレアールでは理想の合格として、どなたでも個人が理想の合格期間を追及できる科目特化戦略を実現しています。 簿記論・財務諸表論・法人税法・相続税法・消費税法に絞り、このことによって磨き抜かれた講義を皆様に、よりリーズナブルな価格でお届けし、1日でも早く税理士としてご活躍いただく、これが税理士試験指導の王道です。

この5科目に絞って、効率的に合格を目指します!

必須科目

必須科目は簿記論と財務諸表論

「簿記論」と「財務諸表論」は必須科目。有無を言わずに、受験者全員が学習します。この二つの必須科目をどう勉強するかで、ライバルに差をつけることも可能。クレアールはこの2科目を同時学習する「簿財アドバンス」で効率的に学習します。
簿記論
●標準学習時間...360h ●本試験...すべて計算問題…第1問(25点)、第2問(25点)、第3問(50点) ●前提簿記レベル : 簿記2級修了
企業の経済活動を記録、計算し、その記録に基づく集計のやり方を学習していきます。総合的な判断力が必要とされますが、その土台である正確な処理能力とそのスピードを意識して学習を進めていきます。
財務諸表論
●標準学習時間...360h ●本試験...理論と計算から構成… 理論(50点)、計算(50点) ●前提簿記レベル : 簿記2級修了
株主等の利害関係者への報告に必要な財務諸表を作成するまでの考え方や手続について学習します。財務諸表を作成するためのルールを正確に理解し、計算では問題演習、理論では文章にまとめる練習を中心に学びます。

選択必須科目

実務に必須の法人税法

通常、税理士の顧問先はほとんどが法人です。ですから、選択必須科目の2科目「所得税法」と「法人税法」を比べた場合、圧倒的に実務で使えるのは「法人税法」。合格後の採用では、どの科目を合格しているかということが重要視されています。
法人税法
●標準学習時間...480h ●本試験...理論と計算から構成… 理論(50点)、計算(50点) ●前提簿記レベル : 簿記論修了
会社の利益に対し国が課す税金について定めた法律を法人税法といい、その考え方や解釈を学ぶ科目です。重要性の高い調整項目にポイントを置き、正確さとスピードを身につけるよう学習を進めていきます。

選択科目

勉強効率と実務効率の両面から選んだ2科目相続税法と消費税法

選択科目の7科目の中から、実務に役立ち、さらにボリュームを抑えて勉強時間の短縮が図られる「相続税法」と「消費税法」を選択します。最も効率的に最終合格を狙います。
相続税法
●標準学習時間...370h ●本試験...理論と計算から構成… 理論(50点)、計算(50点) ●前提簿記レベル : 簿記知識不要
死亡した人から財産を引き継いだ場合に課される相続税と、他人から財産を譲られた場合に課される贈与税の二つを規定している法律が相続税法。基本的な重要論点を確実に理解することを重視し、学習を進めます。
消費税法
●標準学習時間...260h ●本試験...理論と計算から構成… 理論(50点)、計算(50点) ●前提簿記レベル : 簿記2級修了
消費税は、商品等の販売時に価格に上乗せされて消費者が負担する間接税で、事業者が消費者に代わって国に納める税金です。「何に対して消費税が課せられるか」が、学習する上で最も重要なポイントとなります。
 

自分の『学習可能時間』に合った最少受験回数で『目標年度合格』を目指せます。

受験専念者からお忙しい学生の皆さんやビジネスパーソンの方まで

学習拘束時間を増やすのでなはく、『トレーニングの時間』が不可欠です。

スクールが提供する講義時間や答練時間などで必要な時間を『拘束される時間』=『学習時間』ととらわれる方も多く、講義回数や答案練習の量を増やすことが学習と思いがちです。 合格に向けては、拘束時間を増やすことではなく、拘束時間をいかに少なく、いかに拘束時間以外に、コア論点を自在に操り、正答導き出すための『トレーニングの時間』が不可欠です。 余計な復習教材など、量でカバーすることは、曖昧な知識を増やすことになり、かえって不安の増加にも繋がり、ミスを誘発致します。 クレアールでは、提唱している『非常識学習法』に基づき、合格に必要なコア論点を効果的に絞り込み、結果、講義回数の合理化を図っています。 あわせて復習教材に関しても、講義との関連性の高い、極めて重要な論点に厳選しています。 クレアール学習法=『非常識合格法』だからできる、自分の学習可能時間に適した目標年度に合格して頂けることを確信しています。

自分の学習可能時間に合わせて、最少受験回数で確実に5科目合格を実現!

お忙しい社会人の方などは「1年で5科目は難しい...」とお考えかもしれません。 クレアールでは、提唱している『非常識合格法』に基づき、理想の合格のためには合格のための無駄な時間、不必要な教材費を削除し、効果的且つ効率的なカリキュラムを実践しています。あくまで無理な学習スケジュールを推奨しているのでなく、クレアール=『非常識合格法』だからできる自分の学習可能時間に適した目標年度に合格して頂けることを確信しています。 ●受講回数は平均で一般的な受験スクールの80%、総学習時間も20%軽減できる。 ●逆に言えば、反復・復習のアウトプット時間を20%増やすことができます!
Return Top