Read Article

講座についてのよくある質問

Q.1 他の学校にも「簿記論」と「財務諸表論」がパックになっているものがありますが、何が違いますか?

クレアール税理士講座の簿財アドバンスは他とは大きく3つの違いがあります。

①コマ数の減少

簿記論と財務諸表論の同時学習の有効性は、色々な学校が認めていますが、基本的には週4コマを消化(簿記論2回・財務諸表論2回)するカリキュラムになっており、単純に1年間に2科目受講しているのと変わりません。それに対して、簿財アドバンスは、簿記論と財務諸表論で同じ内容のことは、簿記・財表と区別することなく同時に説明することで、週3コマで2科目の受講が可能となりました。

②同一講師による講義

通常は、簿記論・財務諸表論で教わる講師が異なりますが、簿財アドバンスでは、同一の講師により行なわれます。そのため、同一内容の説明を重複して聞く不効率や講師が異なることによる説明の違いで混乱することもありません。

③簿財が一緒になった教材

簿財アドバンスでは、基本的には同一内容のテキストや問題集を使用します。そのため、単元ごとに計算と理論を一緒に学習することができます。そのことは、簿記論・財務諸表論で別々に学習するよりも相互の理解力が向上します。理論を覚えることで、計算の意味がわかる、計算方法を覚えることで、理論の暗記がしやすくなる。簿財アドバンスでは、そういう相乗効果がうまれます。

 

Q.2 複数年コース受講生です。1年目の受講科目が不合格となった
場合、その科目分の受講料はすぐに必要でしょうか?

例えば簿記論・財務諸表論を1年目の受講科目にされて、どちらか1科目が不合格になり、その科目を再度受講希望の場合、残りの受講科目(法人税法・相続税法・消費税法)の部分に割り当てる事で、相殺とさせていただくことも可能としておりますのでご安心ください。(要相談) ※複数年コース受講生に限る

 

Q.3 初めて受験するのですが、どの科目を選択すればよいでしょうか?

これから受験する場合、まずは必須科目の「簿記論」「財務諸表論」から学習を開始することが一般的です。比較的学習時間が取れる場合には、これらに選択科目の「消費税法」を加えた3科目学習も可能です。
「消費税法」は他の科目と比較してボリュームが少なく、短期間での学習も可能な為、学習開始時期によっては、この科目からはじめることもお薦めする場合もあります。簿記の学習の習得時期に合わせて、その他の科目から学習を進める場合もございます。

各科目の前提となる簿記レベル

科目各科目の前提となる簿記レベル
簿記論簿記2級修了レベル
財務諸表論簿記2級修了レベル
法人税法簿記論修了レベル
消費税法簿記2級修了レベル
相続税法簿記知識必要なし

Q.4 受講料にテキスト代は含まれていますか?

はい、テキスト代は受講料(消費税込)に含まれています。

但し、必要に応じて法規集等は各自ご購入いただきます。(1科目あたり数千円程度)

 

その他不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-59-4153

 

Return Top