「司法書士受験は、合格レベルに達してからが自分との戦い」 安藤 彩華さん

「司法書士受験は、合格レベルに達してからが自分との戦い」 安藤 彩華さん

司法書士を目指した理由 私がなぜ司法書士を目指すことになったか・・・、一言でいうと「ノリで!」といった感じです。ある日の飲み会の席で、彼氏が公認会計士を目指すからクレアールに入学すると言い、私もクレアールで何か勉強をしたら?という話になり、選んだのが司法書士でした。このとき、初めて司法書士なんて職種があることを知り、は...

「出産・育児・家事をこなしてつかんだ合格」 冨澤 仁美さん

「出産・育児・家事をこなしてつかんだ合格」 冨澤 仁美さん

「出産・育児・家事をこなしてつかんだ合格」冨澤 仁美さん専業主婦から司法書士を目指して大学では米文学を専攻していて、法律には無縁な学生生活でした。卒業後、機械メーカーに総合職として入社しましたが、残業続きの毎日に疲れ、法律事務所に転職しました。法律事務所では事務兼秘書みたいなものでしたが、裁判所に提出する書類を作ったり...

「ノルマをこなす勉強ではなく、質を高める勉強が大切」 西浦 詩織さん

「ノルマをこなす勉強ではなく、質を高める勉強が大切」 西浦 詩織さん

司法書士を目指した理由建築士になりたいと思って入った大学でしたが、その熱も早々に冷めてしまった私は、没頭できる「何か」を見つけられずにいました。大学二年の時、とあるきっかけから司法書士という資格の存在を知り、その時はどんな仕事をするのかなど全く分かっていませんでしたが、とりあえず難関の国家試験かつ高収入が期待できる仕事...

「勉強の範囲を広げすぎず、自分なりの方法を確立すること」 西津 明子さん

「勉強の範囲を広げすぎず、自分なりの方法を確立すること」 西津 明子さん

司法書士を目指した理由私は大学を卒業後、法律事務所にパラリーガルとして就職しました。大学の専攻とは全く関係がない分野への就職で、最初は戸惑いましたが、仕事をしていくうちに、法律の世界の奥深さや、面白さを感じるようになりました。そして、「もっと法律について深く知りたい」「もっと専門的な仕事ができるようになりたい」という気...

「最後まで諦めなければ、必ず奇跡は起こる!」 遠藤 友香さん

「最後まで諦めなければ、必ず奇跡は起こる!」 遠藤 友香さん

遠藤 友香さん最後まで諦めなければ、必ず奇跡は起こる!司法書士を志望したきっかけ私が初めて司法書士という言葉を知ったのは、高校生の時。職業案内の本を読み、結婚や出産をしても、やりがいをもって仕事が続けたいと思っていた私は、非常に魅力を感じました。しかし、マスコミ関係にも興味があったので、そちらに進むつもりで大学に入り勉...

「薄くてコンパクトな『択一六法』は、まさにオールインワンな1冊」 石地 由紀子さん

「薄くてコンパクトな『択一六法』は、まさにオールインワンな1冊」 石地 由紀子さん

「薄くてコンパクトな『択一六法』は、まさにオールインワンな1冊」なぜ「司法書士」だったのか 30歳を目の前にして、私は悩んでいました。当時、私はとある会社で派遣社員として働いていました。与えられた仕事をこなす毎日。給料も満足のいくものではなく、自分のやりたいこと、欲しい物を我慢していました。先行きに不安を感じ、何か資格...

「過去問を解いてテキストに戻る、この繰り返しで苦手科目を克服」 大野 綾子さん

「過去問を解いてテキストに戻る、この繰り返しで苦手科目を克服」 大野 綾子さん

「過去問を解いてテキストに戻る、この繰り返しで苦手科目を克服」司法書士を目指した理由 高校卒業とともに、漠然と法律に携わる仕事には就きたい、と思っていました。 大学に入り、実際授業で法律を学んでみると、何一つとして現実社会で役立ちそうなものがなく、淡々と授業に通う毎日になっていました。気がつくと周りは就活シーズン。やっ...

「仕事をしながら合格できたのは良い学校に巡り合ったから」 平子 綾子さん

「仕事をしながら合格できたのは良い学校に巡り合ったから」 平子 綾子さん

平子 綾子さん仕事をしながら合格できたのは良い学校に巡り合ったから司法書士を目指したきっかけ大学を卒業し、一般企業の事務職に2年間勤めました。仕事もそれなりにおもしろく、職場環境も悪くはなかったのですが、「このまま会社に勤め続けて、自分はこの仕事を一生の仕事として続けていけるのだろうか・・?」と、ある時考え、会社に辞表...

「臨機応変な対応のおかげで、仕事・子育てとの両立に成功」 相田 優子さん

「臨機応変な対応のおかげで、仕事・子育てとの両立に成功」 相田 優子さん

相田 優子さん「仕事・子育てとの両立に成功」司法書士を目指した理由大学卒業後、雑誌の編集の仕事などをしていましたが、出産を機に退職。仕事を再開するつもりではいたものの、「果たしてこの仕事はあと何年続けられるだろうか」と考えたときに「資格でもあればなあ」と漠然と考えました。思い立ったその足で本屋へと向かい、「今後30年は...

「情報を集約させた『択一六法』が、暗記用ツールとして大活躍」 金沢 佑香さん

「情報を集約させた『択一六法』が、暗記用ツールとして大活躍」 金沢 佑香さん

「情報を集約させた『択一六法』が、暗記用ツールとして大活躍司法書士を目指した動機私は大学を卒業後、金融系の会社に総合職として入社しました。そこで初めて司法書士の方に出会い仕事内容を知り、司法書士という資格に興味を持つようになりました。また、女性なので手に職をつけた方が一生働いていけるし、自分の人生の支えにもなると思い資...

「クレアールは、一緒に戦ってくれる心強い存在」 鴻上 妙子さん

「クレアールは、一緒に戦ってくれる心強い存在」 鴻上 妙子さん

鴻上 妙子さん「クレアールは、一緒に戦ってくれる心強い存在」司法書士受験を決意した理由 私が就職活動をしていた時期は採用が厳しく、就職の難しさを身にしみて感じる時期でした。やっと大学事務の職に採用してもらったものの、雇用期限のあるものでした。同じように雇用期限のある職員の方の再就職活動をみていて、普段のお仕事を優秀にこ...

「学習相談から子育ての悩みまで、手厚いサポートに感謝」 原 真由美さん

「学習相談から子育ての悩みまで、手厚いサポートに感謝」 原 真由美さん

原 真由美さん「学習相談から子育ての悩みまで、手厚いサポートに感謝」司法書士試験を目指した理由20代前半で、同年代の人たちが次々と就職をし社会に出ていった時、私は漠然と法律家に憧れ司法試験の勉強をしていました。20代後半になると先の見えない試験に怯え、法律とは関係のない仕事に就職しました。それも、結婚を機に退職すると、...

「やりたいことを我慢せず、効率良い勉強で実現した短期合格」 藤井 美穂さん

「やりたいことを我慢せず、効率良い勉強で実現した短期合格」 藤井 美穂さん

異業種から司法書士へ10代は、音大を目指してピアノ漬けの毎日。 20代は、テレビのキャスター・リポータとして、全国行脚。 さて、この先は・・・。私の転機は、10年ごとに訪れるようです。20代の終わり、地方局でニュース番組を担当していたころ、士業の先生方と仕事をする機会がありました。皆さん、キラキラしていてとても素敵だっ...

『家族の協力とクレアールの教材を信じてつかんだ合格』 伊代田 美波子さん

『家族の協力とクレアールの教材を信じてつかんだ合格』 伊代田 美波子さん

成年後見制度に興味を持つ  大学を卒業し、就職して3年くらいたった頃、ふと、このままこの仕事を続けていくことに疑問を感じ始めました。仕事がつらいということはなかったし、逆に楽しいと思うこともありましたが、いわゆる「やりがい」というものはあまり感じていませんでした。そんな時興味を持ったのが、「成年後見制度」でした。そして...

『専業主婦から努力すれば受かる司法書士試験への挑戦』 高柳 直子さん

『専業主婦から努力すれば受かる司法書士試験への挑戦』 高柳 直子さん

司法書士を目指した動機大学卒業後はメーカー、結婚後は弁護士事務所勤務、出産後は地域活動やボランテイア活動はしていたものの専業主婦をしていました。この年齢、しかも専業主婦からの再就職は難しいだろうと思い、何か資格を取得したいと思っていましたが、今更という気持ちもあり、具体的な行動に移すことができませんでした。そこで、市の...

Return Top