10月14日(祝・月)より通常営業しております。

10月14日(祝・月)より通常営業しております。

この度の令和元年台風19号被害により被災された方々に心からお見舞い申しあげますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。 クレアールは10月14日(祝・月)より通常営業しております。 ご相談などございましたらお気軽にご連絡ください。 クレアール

令和元年台風19号の災害により被害を受けられた受講生様へ

令和元年台風19号の災害により被害を受けられた受講生様へ

このたび、台風19号関連の災害により被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。 災害により、教材が汚損または滅失された場合は、受講講座の教材につき交換または再送付いたしますので、どうぞご遠慮無くクレアール講座事務局へご相談ください。 お問合せ先 0120-59-4153(フリーダイヤル・携帯可) 11:00~20...

【試験情報】平成31年度(2019年度)司法書士試験筆記試験の結果等について

【試験情報】平成31年度(2019年度)司法書士試験筆記試験の結果等について

法務省より 「平成31年度(2019年度)司法書士試験筆記試験合格者受験番号」及び 「平成31年度(2019年度)司法書士試験筆記試験の結果等について」が公表されました。 合格点は280点満点中197.0点以上となっており、午前の部75点、午後の部66点、記述式32.5点が 各基準点となっております。 法務省HP  「...

2019年度司法書士試験筆記試験(多肢択一式問題)の正解及び基準点等について

2019年度司法書士試験筆記試験(多肢択一式問題)の正解及び基準点等について

2019年度司法書士試験筆記試験(多肢択一式問題)の正解及び基準点等について 法務省HPにて2019年度司法書士試験の多肢択一式の基準点、正解が発表されています。 法務省HP http://www.moj.go.jp/content/001302014.pdf(基準点) 法務省HP http://www.moj.go....

講座や試験・資格についてのよくある質問

講座や試験・資格についてのよくある質問

クレアールの司法書士講座や司法書士の仕事や試験についてのよくあるご質問のページです。みなさまから寄せられる質問とその回答をご紹介します。

2020・2021年合格目標 秋から始める中上級者対象コース

2020・2021年合格目標 秋から始める中上級者対象コース

  コース案内 過去問攻略パーフェクトコース/択一六法付き過去問攻略パーフェクトコース 中級ハイスピードコース/中級ハイスピードコース安心保証プラン 中上級ハイスピードコース/中上級ハイスピードコース安心保証プラン 上級ハイスピードコース/上級ハイスピードコース安心保証プラン 答練パーフェクトパック/択一六法付き答練パ...

2020・2021年合格目標 リベンジ合格戦略

2020・2021年合格目標 リベンジ合格戦略

クレアールの「2019年合格必勝学習モデル」では、これまで皆様が習得されてこられました「基礎知識」の脳内体系を、「合格できる体系」へと再構築していくサポートを徹底的に実践させていただきます。

2020年度司法書士試験の絶対合格を目指す!民法改正を含めたリベンジ合格に必要な司法書士試験学習法と攻略法セミナー

2020年度司法書士試験の絶対合格を目指す!民法改正を含めたリベンジ合格に必要な司法書士試験学習法と攻略法セミナー

受験経験者の方を対象に、2020年度司法書士試験合格に向けて、これから何をしたらいいのか、どういったことに気をつけて学習を再開していったらいいのか、その学習法と攻略法をお話します。担当はクレアール専任講師の古川豪一講師です。

司法書士試験合格体験記冊子プレゼント応募フォーム

司法書士試験合格体験記冊子プレゼント応募フォーム

  平成30年度司法書士合格体験記冊子完成。ご希望の方にプレゼント。 クレアールの通信講座を受講して2018年に見事合格された方たちの合格体験記が冊子になりました。一発合格された方や、働きながらあるいは育児をしながらなど、全て通信講座で合格された方々の貴重な体験や学習法などが満載です。またクレアールの講義や教...

司法書士・行政書士のダブル合格を目指す!

司法書士・行政書士のダブル合格を目指す!

司法書士試験と行政書士試験は、「憲法」「民法」「商法(会社法)」で試験科目が重複しています。試験科目の重複が多い事から行政書士と司法書士は試験勉強をする上で相性の良い資格と言えます。今クレアールでは、「期間限定割引」を実施しております。期間内にお申し込みいただくと受講料が大幅に割引となり大変お得です。

司法書士・宅建取引士のダブル合格を目指す!

司法書士・宅建取引士のダブル合格を目指す!

司法書士と宅建取引士試験は「民法」が重複しており、宅建試験の受験で得た知識をフル活用できます。また、司法書士のメイン業務である登記業務 (不動産登記)では、不動産取引について学んだ知識を活かすことができます。今クレアールでは、「期間限定割引」を実施。期間内にお申し込みいただくと受講料が大幅に割引となり大変お得です。

Return Top