Read Article

司法書士の魅力 幸津智美さん

実務で活躍している司法書士に、「司法書士の魅力」について迫ってみました!

トリニティ司法書士事務所

司法書士 幸津 智美 さん

司法書士を目指したきっかけと、取得のメリット

------それでは、実務家インタビューを始めたいと思います。よろしくお願いいたします。まず司法書士を目指したきっかけからお聞かせいただけますか。

幸津 私は大学では法学部に在籍していたのですが、大学在学中の約半分を海外留学に費やしてしまったので、実質2年しか大学には行っていませんでした。そのため「もっと勉強したかったな」という気持ちがありました。卒業後も法律とはまったく関係のない仕事(1年間は海外のホテルで契約社員として働いていました)でしたので、帰国してから、もう一度法律の勉強を始めました。せっかく法律の勉強をするのだから、勉強した証を残せるように、資格試験に挑戦したいと思いました。当時、法律系資格は「司法試験」と「司法書士試験」しか知らなかったので、どちらにするかはあまり深く考えたわけではありませんが、気が付いたら司法書士試験に決めていました。

------ということは、特に司法書士の仕事の内容を調べて司法書士の方が早く実務に就けそうだとか、独立開業できるといった主旨で選んだ訳ではないのですか。

幸津 そうですね、そのときは考えませんでした。実は実務に携わるまで司法書士の仕事の中身をほとんど、把握していなかったんですよ(笑)。

------実際、司法書士の受験勉強は、どのように感じましたか。

幸津 司法書士試験は試験科目が多いため、いろいろなことを勉強しなくてはいけないので、やはり難しかったです。

------幸津さんは、1回目の試験で合格が期待できるぐらいまで成績も伸びて、結局2回目の試験で合格しましたよね。毎回講義も答練も休まず、一生懸命勉強していたのがとても印象に残っています。幸津さんはクレアールで勉強しているときに結婚をされ、また、合格後には出産も経験されたと思います。主婦として、母親として司法書士資格を考えたときに、資格を取得したメリットをお聞かせください。

幸津 そうですね。やはり一番思うことは「資格は腐らない」ということでしょうか。例えば、今は司法書士と全く関係のない仕事に携わっている方でも、何年後でも何十年後でもやりたいなと思った時にすぐに開業できる。そんな事が可能なのも、司法書士資格取得のメリットと言えると思います。
また、若い方であれば開業するという選択肢だけでなく、司法書士事務所や司法書士法人に就職することはもちろん、一般企業に就職する際にもこの資格はポイントが高くなるので、勉強を始めたのであればあきらめずに取得していただきたいと思います。私も資格を取得してから1年半は専業主婦でしたが、補助者経験なしで司法書士に登録しました。就職・転職を考えている人から、すぐにでも独立したいという人にも最適な資格だと思います。

独立開業までの経緯

------ありがとうございます。今、「資格取得後1年半は専業主婦だった」というお話がありました。確かそのころご出産も経験されていたと記憶しています。そしてご出産後しばらくしてから独立開業されましたよね。その当たりの経緯をお話しいただけますか。

幸津 独立開業する前に、3ヶ月間だけ勤務司法書士として働いていたことがあります。その事務所は、自宅から近いという理由で、選んだ事務所だったのですが、業務内容が偏っていたのが自分の考えと少し合わず、また子供の保育園からの呼び出しで早退・遅刻・お休みしなければならないというときが続きました。そうすると、どうしても肩身が狭くなるというか、周りの人は気にしていなかったかもしれませんが、私としては周りに迷惑をかけているのではないかと気になってしまって苦痛でした。

------お子さんが小さいと、どうしても急な病気なども多いですから大変でしたね。その後、幸津さんは独立開業された訳ですが、どういった流れで独立されたのですか。

幸津 その事務所を辞めると決まったちょうどその時に、偶然知り合った司法書士に、「事務所のスペースが空いているから一緒にやろう」と声をかけていただきました。その先生の仕事を手伝いながら、自分の仕事もやるという形で、半分お勤め、半分は独立しているような状態でした。このスタイルを8ヶ月続けました。最初の頃は、先生の仕事を手伝っていることのほうが多かったですけれども...。ただ、私自身ついているなぁと思ったのは、独立に際して、開業に必要なものを一から揃えたりするなどの開業費用があまり掛からなかったことです。しかもこの先生のお仕事は、かなりバランスよくいろいろな仕事があったので、ほとんど補助者経験がなかった私にとっては、そのお手伝いをできたことが、すごくいい経験になりました。

------一般的には開業するまでの間、1年ないし2年くらい補助者や勤務司法書士として実務経験を積む方が多いですが、幸津さんの場合はまさにこのとき実務経験を積むことができた。そしてこの事務所を手伝うことで、自分で独立する時のノウハウも身に付けたという感じでしょうか。

幸津 はい、そういうことですね。その後、自分の仕事も多くなってきて「これなら何とか1人でもやっていけるのではないかな」と思い始めた頃に、同じビルの上の階が空いて、今度は同期合格の友人とスペースをシェアするような形で開業することにしました。

------それはもう完全にお互い独立という形ですよね?

幸津 そうです。現在はもう1人、同期合格の仲間が増えて合同事務所になりました。

------着実にステップアップしている感じですね。

幸津 はい、おかげさまで。

司法書士の仕事とやりがい

------今度は現在のお仕事について伺います。司法書士は近年職域が広がっていますが、幸津さんの事務所が取り扱っている業務内容といいますか、お仕事の比重をお聞かせいただけますか。

幸津 商業登記と債務整理が4割ずつ、残り2割がその他の業務ですね。登記業務が主に法人相手の仕事だとすれば、債務整理や成年後見が個人相手の仕事、というような形ですけれども、今は法人関係のお仕事と個人の方のお仕事がちょうど半々ぐらいですから、私的にはバランスは良いと思っています。

------開業されている司法書士の方から、仕事の割合は事務所の立地に関係すると聞いたことがあります。幸津さんの場合は、会社が多い東京駅に事務所がありますから、やはり商業登記が多いのでしょうか。

幸津 それはあると思いますね。あとは私が育児をしているということもあります。登記業務でも不動産登記は決済があって、必ずこの日の何時に来て、必ずこの日に登記をしないといけないという日付が決まっているので、不動産登記ですと前日の夜遅くまで準備していることが多いと思います。私は育児の関係で、今はそういうことができないですし、子供が小さい間は、不動産登記を積極的にやりたいという気持ちもないです。子供の成長に合わせて、仕事の内容は変えていくことができれば良いと思っています。

------なるほど。本当に司法書士の資格をうまく活かして、仕事をなさっているなという感じですね。

幸津 はい。事務所勤めや一般企業では、許されないわがままかもしれませんね。

------では続いて、司法書士の仕事をしていくなかで、報酬面もしくは仕事の内容面でやりがいを感じるのはどんな時かをお聞かせいただけますか。

幸津 報酬に関しては、私は他の事務所よりも少し安めに設定しているのと、今お話したとおり不動産登記はほとんどやっていませんので、あまりたくさん貰っているというイメージが自分ではありません(苦笑)。ただ仕事のやりがいとしては、登記というのは、実務に携わるようになって初めてわかりましたが、結構いろいろな問題があって、すごく奥深いのです。本当に実務ではいろいろな事件が起こるので、頭を悩ませるし、ストレスが溜まることもありますが、それをやり終えた時は「自分がちょっと成長しているな」と感じますし、また達成感もあって、満たされた気持ちになります。
一方、債務整理や成年後見の仕事は、現在依頼者の方の身に起こっている事ですから、債務整理でしたら依頼者ご本人の方の生活を立て直すことにお役に立てていますし、成年後見はご本人のためであるし、家族の方の満足も得られて、感謝の言葉を頂けます。こういうときは本当に仕事をやっていて良かったと思える瞬間です。

今後の展望、将来のビジョン

------今後の展望、あるいは将来のビジョンをお聞かせいただけますか。

幸津 今後は弁護士が増えてくるので、従来は司法書士が担っていた分野の仕事を、弁護士がやるということも十分考えられます。そうすると司法書士の生き残りというのも簡単ではないかもしれません。しかし、スーパーがあっても八百屋が潰れないのと同じで、同じサービスを売っていても、差別化ができれば生き残れると思っています。これからはどのようにして自分の事務所の色を出して、それを魅力的なサービスとして提供できるか、ということがポイントだと思います。私としては、もう少し成年後見に関する案件を増やしていこうと考えています。

------なるほど、わかりました。やはり自分の事務所ならではの特色を出すことは差別化につながりますね。

幸津 そうですね。たくさんのお仕事をいただいても、1人ではなかなか処理できませんが、今はパートナーが2人いるので、忙しい時はお互い助け合ってできるという点でも合同事務所にして良かったと思っています。また、司法書士の仕事は内容が多岐にわたるので、実務をやっていくうえで、何か困った時に助けあえる仲間を見つけるのはすごく大切なことですから、合格後の人付き合いもすごく大切にするべきだと思っています。

------最近では、他の資格取得者同士でネットワークを組んで、他の士業さんと提携して仕事を一緒にやっていくことが多くなってきていると聞きますが、どうでしょうか。

幸津 実は私も商業登記の仕事は、ほぼ8割から9割くらいが税理士さん、会計士さんからの紹介です。また私はFPの資格も持っていますので、ここからの仕事の依頼もあります。企業からいきなり突然仕事がやってくるというようなことはないので、本当に士業のネットワークをフルに活用して、お仕事を頂いている感じですね。

------そういえば幸津さんは、「ママサムライ」という他士業の方とネットワークも育んでおられますね。

幸津 子育て中のママが、現役実務家として独立開業し、活躍されている方々のネットワークです。本当に色々な方が活躍されているので、参考にしていただければと思います。

これから受験される方へ

------最後になりますが、これから司法書士を目指そうと思っている方、あるいは受験生に対して、開業されている司法書士、あるいは主婦または母として、メッセージみたいなものをお願いできますか。

幸津 そうですね。勉強は自分でするものではありますが、周りの環境というのもすごく大切だと思います。勉強に集中するためには、周りの理解が必要ですし、協力なくしては勉強に専念できないと思いますので、これから勉強を開始される方は、まず環境を整えることから始めていただければ良いと思います。そして勉強を始めると、プレッシャーに押しつぶされそうになることも度々あると思いますが、勉強したことを最大限に活かせるように、心身ともに健康に留意して、最後まであきらめないで頑張っていただき、試験に合格してほしいと思います。

------司法書士の資格を取って、良かったと感じていらっしゃいますか。

幸津 はい、自由業がすごく自分に合っていると感じていますし、良き仲間と仕事にも恵まれ、本当に良かったです。

------本日は、本当にお忙しいところありがとうございました。ますますのご活躍を期待しています。

幸津 こちらこそ、ありがとうございました。

Return Top