令和4年度司法書士試験解答速報 掲載中

司法書士試験<過去問題肢別チェック ■民事訴訟法等「保全執行に関する手続」>

問題1 仮差押えの執行は、申立てにより又は職権で裁判所又は執行官が行う。○か×か?

問題2 保全執行は、債権者に対して保全命令が送達された日から2週間を経過したときは、これをしてはならない。○か×か?

問題3 保全執行は、保全命令が債務者に送達される前であっても、これをすることができる。○か×か?

問題4 債権者は、占有移転禁止の仮処分の執行がされたことを知って目的物を占有した者に対しては、その者が債務者の占有を承継した者でない場合であっても、本案の債務名義に基づき目的物の引渡しの強制執行をすることができる。○か×か?

問題5 債権者は、占有移転禁止の仮処分の執行がされたことを知らないで債務者の占有を承継した者に対しても、本案の債務名義に基づき目的物の引渡しの強制執行をすることができる。○か×か?
問題6 占有移転禁止の仮処分命令であって、係争物が不動産であるものについては、その執行前に債務者を特定することを困難とする特別の事情があるときは、裁判所は、債務者を特定しないで、これを発することができる。○か×か?
問題7 占有移転禁止の仮処分命令は、仮処分命令が債務者に送達される前であっても、その執行に着手することができる。○か×か?
講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方もこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる