司..." />司..." /> 司法書士とのWライセンスのご案内 | 司法書士合格クレアール
Read Article

司法書士とのWライセンスのご案内

ダブル・トリプルライセンス

関連資格の取得で可能性は無限大!

学習経験者・有資格者特別割引キャンペーン実施中!

司法書士の業務は、法的な整備と共に、高齢化社会、国際化、IT化などの社会情勢の変化に伴い、今後ますます拡大していくことでしょう。さらに、関連する資格の取得によって、可能性は無限大に広がっています。また司法書士は学習内容が他の資格と重複することが多いので、ダブルライセンスも夢ではありません。

司法書士講座はただいま学習経験者・有資格者特別割引キャンペーン実施中です。

行政書士

司法書士試験と行政書士試験は、「憲法」「民法」「商法・会社法」で試験科目が重複していますので、特に相性の良い資格と言えます。

重複科目
憲法、民法、商法(会社法)

 

宅建取引士

試験科目では「民法」が共通科目となっています。また、司法書士試験が7月、宅建試験が10月、行政書士試験が11月と試験日が近いことから同年にW・トリプル資格取得を目指す受験生もいます。

重複科目
民法

 

司法試験

司法試験、予備試験ともに、司法書士試験と多くの共通科目があり、司法試験の学習経験を活かして資格取得が目指せます。

重複科目
憲法、民法、刑法、商法(会社法)、民事訴訟法

 

社会保険労務士

「年金問題」と「成年後見業務」や「遺族年金」と「相続登記」など、司法書士と業務の関連性が高く、特定社会保険労務士の方は、簡易裁判所における訴訟事件についても代理権を与えられます。

 

土地家屋調査士

ともに「登記」に関する資格であり、開業する土地家屋調査士及び司法書士の兼業資格として、最もポピュラーなものです。また、不動産登記のワンストップ事務所を目指す場合には、不可欠な資格といえます。 試験科目では「民法」が重複しています。

重複科目
民法
Return Top