Read Article

よくある質問(中上級者対象)

数多く寄せられる質問をここに集めました。これからクレアールで学習されることをご検討の際には、ぜひ参考にしてください。

Q Web通信とは何ですか?

A Web通信とは教材(テキスト)だけの学習ではなく、インターネットが繋がる環境であれば、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで講義を視聴し学習していただける講義付きの通信教育の事をいいます。Web通信は受講期間内であればいつでも、繰り返し、何度でも視聴することも可能です。

Q Web通信は、Macでも視聴できますか?

A はい。視聴できます。クレアールのWeb通信はパソコン(Windows、Mac)およびスマートフォン・タブレット(Android、ios)でも受講することが可能です。

Q マルチデバイスとは何ですか?

A マルチデバイスとは、クレアール独自の表現となりますが、インターネットの環境が整っている場所であれば、パソコン(Windows、Mac)でもスマートフォン(Android、ios)でもタブレットでも、一つのIDとパスワードで視聴できる事を表現した言葉です。

Q インターネットの環境がありません。受講することはできますか?

A クレアールはWeb通信にオプションでDVDを付けていただくとDVDにて講義を視聴していただくことが可能です。Webで視聴する講義と同一のものをDVDに収録しておりますのでWeb環境が無い方でもオプションDVDを追加していただければ、DVD通信として受講することも可能です。

Q DVDのみの申し込みは可能ですか?

A クレアールはWebでの講義配信を可能としたことで、様々なサービスを安価にご提案できるようになりました。そのため、Web通信を基本として皆様に受講サービスを提供させていただくため、Web通信の追加サービスの一つとしてオプションでDVDをご案内しておりますので、オプションDVDのみでのお申込は受け付けておりません。

Q スマートフォンだけでも受講できますか?

A スマートフォンで視聴をする場合において、気になるのは通信量の問題だと思います。クレアールの講義動画視聴には、おおよその目安ですが1GBで7〜8時間の講義を視聴することが可能です。上記視聴時間を勘案しながら、現在ご契約の携帯電話の通信量契約をご確認いただければと思います。

Q 動画を保存(ダウンロード)することはできますか?

A クレアールの講義動画はダウンロードすることが出来ません。動画を通信環境に関わらず視聴することをご希望される場合はオプションDVDを別途お申し付けください。なお、音声についてはダウンロードすることは可能です。クレアールの動画視聴画面には講義動画ファイルの他に音声データであるMP3ファイル(等倍速、1.5倍速の2種類)がございます。こちらはダウンロードすることが可能です。

Q 講義動画はいつでも視聴できますか?また、何回か視聴することはできますか?

A クレアールの講義動画は時間帯を気にすることなく、自分の空いた時間で視聴することが可能です。また、受講期間内であれば、講義動画は何度でも、繰り返し視聴することが可能です。

Q 講義動画の速度を変えることはできますか?

A 講義動画は6段階(0.5、1、1.25、1.5、1.75、2)まで速度を調整して視聴することが可能です。60分講義を2倍速で視聴すると30分で1単元視聴することが可能です。また、音声ファイルであるMP3ファイルは等倍速と1.5倍速の2種類をご用意しています。

Q 講義視聴に必要な教材等は、購入が必要ですか?

A 中級、中上級、上級、書式攻略の各コースでは、講義で使用する教材類(市販の六法を除く)、過去問題集はすべて受講料に含まれていますので、別途購入していただく必要はございません。教材は冊子形式で配本されます。また、冊子での配本以外にもWeb上にPDFデータとして掲載もしておりますので、受講生の方はダウンロード(無料)するなど、皆様の学習環境に合わせてご利用頂けます。

Q スマートフォンでも教材を見ることは可能ですか?

A クレアールの教材類はすべてPDFデータにしてWeb上で閲覧することが可能です。もちろんスマホでも閲覧が可能です。また、PDFファイルをダウンロード(無料)すれば、通信環境が悪い場所でも閲覧が可能です。教材を持ち歩かなくともスマートフォンがあれば、外出先でも学習が可能です。

Q 受講期限について教えてください。

A クレアール司法書士講座で定めている受講期限とは、合格目標年度の7月末日までとなっております。例えば2020年合格目標コースの場合は2020年7月31日が受講期限となります。受講期限内であれば、Web講義の視聴や質問制度などを含めた受講生サービスをご利用することが可能です。

Q 質問はできますか?また、回数の制限などありますか?

A 講義中に疑問に思った事などのご質問は、メール・FAXにて質問していただけます。メールの場合は質問専用のメールアドレスがありますので、こちらを利用できます。また、FAXの場合は質問用紙がございますので、こちらに質問事項をご記入の上、事務局直通ダイヤルへの送信にてご利用していただけます。質問への回答は原則1週間となります。回答者は講師・司法書士試験合格者スタッフとなります。回数の制限はありませんので、ご不安点や疑問点などございましたら、お気軽に質問制度をご利用ください。

Q 非常識合格法とは何ですか?

A 司法書士試験の過去の出題傾向を徹底的に分析し、出題傾向に沿って効率よく学習をし、「短期合格」を目指すのが非常識合格法の考え方です。司法書士試験受験対策室で分析した出題傾向により判明した合格するために必要な学習範囲を徹底的に学習することで、合格を確実なものにしていきます。

Q 学習範囲が狭いように思いますが、本当に大丈夫でしょうか?

A 司法書士試験は11科目より出題されています。全科目の出題範囲は膨大ですべて学習をしようとすると多くの時間と労力が必要となります。しかし、合格に必要な学習範囲を過去の出題傾向より限定し、その範囲を繰り返し学習することができれば、短期間の学習でも最大の効果を上げることは可能です。無駄な勉強はしない、合格するための勉強に徹することが必要です。司法書士試験に精通した講師陣を信頼してください。

Q 口述試験対策が無いようですが、大丈夫でしょうか?

A 筆記試験の合格者には無料で「口述試験過去問題集」を送付しております。クレアールの過去の合格者の方にご協力いただいた口述試験の情報のご提供や試験についてのアドバイスなどもすべて無料にてご案内しておりますので、ご安心ください。

Return Top