Read Article

さっそく条文を検索しましょう。

※条文を検索する場合は、上記ドロップダウンメニューよりご選択ください。

民法物権 第383条【抵当権消滅請求の手続】

第383条
 抵当不動産の第三取得者は、抵当権消滅請求をするときは、登記をした各債権者に対し、次に掲げる書面を送付しなければならない。
取得の原因及び年月日、譲渡人及び取得者の氏名及び住所並びに抵当不動産の性質、所在及び代価その他取得者の負担を記載した書面 
抵当不動産に関する登記事項証明書(現に効力を有する登記事項のすべてを証明したものに限る。)
債権者が2箇月以内に抵当権を実行して競売の申立てをしないときは、抵当不動産の第三取得者が第1号に規定する代価又は特に指定した金額を債権の順位に従って弁済し又は供託すべき旨を記載した書面

超訳

「超訳」とは
通常の六法に載っている条文は、法律独自の言い回しが初学者には理解しづらいもの。択一六法では、通常の条文の他に【超訳】として初学者の方でも理解しやすいように要約した条文の内容を記載しています。

 第三取得者が、抵当権消滅請求をするには、取得原因などの法定事項を記載した書面(1号、3号)及び抵当不動産に関する登記事項証明書(2号)を、登記されている抵当権者・質権者・先取特権者全員に送付しなければならない。

 

解釈・判例

「解釈・判例」とは
条文には、様々な解釈論や裁判の結果(判例)が存在するものもあります。そこで、試験に必要なものを【解釈・判例】として記載しています。

1.消滅請求の対象となる抵当権には、元本確定前の根抵当権も含まれる。
2.目的不動産に複数の抵当権があるときは、すべての抵当権者に対して請求しなければならず、1人でも書面の送付を受けていない者がいる場合、抵当権消滅請求の申出は何人に対しても無効であり、送付を受けた債権者についても何らの効力を生じない(大決昭2.4.2)。【平2-20】

 

問題

「問題」とは
司法書士試験を中心とした各国家試験での出題例を【問題】として記載しています。条文のどこがよく問われているのか、どこを理解しておかなければならないのかが一目瞭然です。

 抵当不動産の第三取得者が抵当権消滅請求権を行使するには、登記の有無を問わず、知れたるすべての抵当権者に対し、不動産取得の原因等を記載した書面を送付しなければならない。○か×か?

解答

【平6-15-ア改:×】

Return Top