Read Article

合格者VOICE

 

工藤 桂さん

合格者VOICE

2015年に診断士登録しKUDOS MANAGEMENTという屋号で独立自営しました。神奈川県と岩手県の診断協会にダブル入会し、神奈川県では主に県協会の活動と補助金活用に関わる活動を、岩手県では沿岸部被災企業を中心に販路拡大等のご支援をしています。中小企業診断士の魅力を、顧客であるクライアント企業の視点から考えると、国家資格によって一定の知識レベル(量・質)が担保されていることだと言えます。現在は公的支援機関経由でお仕事を紹介頂くことが多いのですが、新人でもご紹介を頂けるのはこの点を信用頂いているからに他なりません。企業の経営改善のために、この期待レベルを損なうことなく、一方で自分なりの味付けも提供していきたいと考えています。

私がクレアールを選んだ理由

教材やカリキュラムの他、講師の方々が全員実務家であることに魅力を感じたからです。また、合格後もOB・OG会などを通して、有益な情報や幅広い人脈を得ることができることです。

 

黒須 香織さん

合格者VOICE

独立して9年目になりますが、日々魅力的な経営者の方々と交流し、自分にとっても貴重な経験となっています。 仕事では、経営者や社員の方とじっくり話し合い、未来を作り上げていくお手伝いができることに魅力を感じています。

私がクレアールを選んだ理由

クレアールにお話を伺い決めました。論点を絞った薄いテキストは、他校のものの3分の1くらいの厚さで、これなら私でも続けられそうだと感じました。また、過去問題が論点別に編集されており、効率的に学習できることなどにも興味を持ちました。 親身になって話を聞いて下さるスタッフの方々がいらっしゃるのもクレアールの魅力です。

 

三上 学さん

合格者VOICE

中小企業を取り巻く環境や利害関係はそれぞれ異なり、打つべき「次の一手」も一様ではありません。中小企業の抱える複雑な問題を読み解き、一緒になって組織を活性化させ、成長に貢献することこそが中小企業診断士の使命であり、醍醐味といえるでしょう。

私がクレアールを選んだ理由

受験を思い立ったのが1次試験まで5ヶ月を切っていたため、当年の受験には多少不安がありましたが、「思い立った以上、早く学習を開始したい」という気持ちが勝っていました。 早速複数の受験校から資料を取り寄せ、「非常識合格法」「薄いテキスト」のクレアールに決めました。

遠山 純夫さん

合格者VOICE

近年日本の国際競争力が低下し、苦戦している企業が多い。しかし日本企業は底力を持っているから、きっと蘇る。私はそう信じて、中小企業の経営再建に取り組んでいます。世のため人のための仕事をし、経営再建が成就した時、中小企業診断士としてのやりがいを感じます。

私がクレアールを選んだ理由

短期集中学習が必要で、しかも一回のチャンスに失敗したら、新試験制度の1次試験からやり直しという背景から効率的な受験サポート校を選ぶことにしました。インターネットで検索して飛び込んできたのは、「非常識合格法」と「合格ゼミ」のクレアール。ここしかないと即座に決めました。過去の失敗経験から、2次試験対策はテキストや講座よりも、ゼミ形式の討論によって解答の質が高められていくハズだと思ったからです。

 

佐藤 裕一さん

合格者VOICE

この資格の魅力は「ビジネス総合力」を会得できることです。会社勤めの方なら他の職種、階層の人とのコミュニケーションが進化します。独立指向の方ならお客さんとなる経営者と話が通じるようになります。また、他士業の方のプラスアルファとしても最適です。

私がクレアールを選んだ理由

実は、3年かけて社会保険労務士資格を取得したのですが、その3年目に出会ったのが、クレアールの「非常識合格法」でした。合格に必要な学習範囲を絞り込み、徹底して理解・反復を行うという学習法が自分にマッチしていると思いました。中小企業診断士講座も他に名立たる実績を誇る受験校もたくさんありますが、実績より学習法を重視し、クレアールを選択しました。

 

齊藤 英男さん

合格者VOICE

中小企業診断士の魅力は経営全体をご支援することで、幅広く経営者や従業員のお役に立てることだと思います。私が中小企業診断士を取得したのは、それまで社会保険労務士として独立開業していましたが、ある顧問先企業の業績悪化がきっかけでした。その社長の根本的な悩みは業績悪化による資金繰りに関することで、この悩みの解決策を出せなかったため、中小企業診断士を取得して経営全般に関する診断・相談に応じることにしました。資格取得後は会社の立て直しのご支援をすることができ、今では経営が安定した会社となりました。経営が安定し社長や従業員が前向きになった時に、中小企業診断士としてのやりがいを感じます。

私がクレアールを選んだ理由

①テキストが薄くポイントを絞り無駄を省いて効率的な学習が進められること ②セーフティコースで余裕をもって学習ができること ③料金が比較的安価であること等です。

 

小宮山 伸さん

合格者VOICE

中小企業診断士の仕事は、企業経営のあらゆる分野にわたっています。このため、どのような業界出身の方でも、必ず経験を生かすことができます。 私の場合、人事関連の仕事が中心ですが、経営者の悩みの数だけ、私たちの仕事もあると思っています。

私がクレアールを選んだ理由

受講形態は、最初から自分のペースで学習できる通信講座と決めていました。そこで、数校のホームページを見た結果、クレアールのコンパクトな教材、比較的手頃な受講料に興味を持ちました。その後、教材の確認をしに行った際、合格アドバイザーの方から「これから(1次試験の6ヶ月前)の学習でも十分間に合う」と力強い言葉をかけてもらったのが受講を決めた理由です。

 

小川 能寛さん

合格者VOICE

診断士の資格取得の過程で学んだことを通して、会社での事業運営上の出来事に対して、より多面的な見方ができるようになりました。 また、研究会等に参加することで、様々なバックグラウンドを持った意欲の高い方々と接することができ、刺激を受けています。

私がクレアールを選んだ理由

テキスト、問題集が他校と比べて圧倒的に薄かったクレアールを選択しました。働きながら限られた時間での学習なので、重要な論点に絞り、繰り返し学習することが有効ではないかと考えたからです。また、受講料が他校と比べて安かったこともクレアールを選んだ理由です。

 

竹田 真奈美さん

合格者VOICE

私は現在、産学官連携の総合調整機関で地域連携コーディネータとして働いています。以前は外資系企業で勤めていましたが、資格取得を機に独立しました。 経験の少ない私でも独立できるのがこの資格の魅力です。

私がクレアールを選んだ理由

分野が広い試験において、限られた時間の中でクレアールの非常識合格法は最適だと感じました。私にとってまさに「これしかない」という感じでした。クレアールの薄くとも充実したテキストは相性が良かったと思います。また、合格ゼミで講師の直接指導が受けられることやグループ学習の機会が得られることにも魅力を感じました。

 

古谷 武徳さん

合格者VOICE

中小企業診断士の魅力として3点を挙げます。 ①経営全般の知識が得られる。 ②論理的な思考能力が養われる。 ③異業種の人的ネットワークが構築できる。 中でも、企業内診断士の私にとって、人的ネットワークは、他では得難い資産と考えています。

私がクレアールを選んだ理由

早期に2次試験の準備を行おうとインターネットを調べた結果、クレアールは早期から学習を始めることができたため、「2次試験対策講座」に申し込みました。早めに学習を開始できたので、解法プロセスの見直しに十分時間をとることができ、無理な学習プランを立てることもなく勉強を進めることができました。

 

小泉 岳利さん

合格者VOICE

私が考える中小企業診断士の一番の魅力は、学習を通じて得られた知識が、企業内にいても独立しても役立つということです。企業内にいれば自身のスキルアップや会社業務への貢献に、独立すればクライアントの課題解決に生かすことができます。合格後に研究会などに参加すれば、この知識を想像以上に広げたり深めたりすることができますよ。

私がクレアールを選んだ理由

「非常識学習法」の特に「1次2次連立合格方程式」に共感したこと、スマートフォンでできる1000問ノック答練は重い問題集を常に持ち歩く必要がないため、隙間時間でのアウトプット学習に有効と考えたことなどです。

 

大山 公士さん

合格者VOICE

私はメーカーにて生産管理を担当しております。生産管理の仕事は幅広い上に経営的要素が求められます。私は診断士の資格取得により担当工程について財務管理を含めた経営的視点で見られるようになり、経営層と対等に議論できるだけの知識と経験が身に付きました。診断士の資格取得が生産管理者としての差別化につながっていると考えています。

私がクレアールを選んだ理由

通信に特化することで廉価でありながら充実したカリキュラムを提供してくれること、演習形式の「合格ゼミ」の開催により講義だけでは理解しにくい2次試験の解法プロセスを体系的に理解できることなどです。

 

北村 耕司さん

合格者VOICE

サービスが画一的になりがちな他の士業に比べ、中小企業診断士だけは学んだ知識に「社会人経験」を融合させ、異なる個性という武器にできる。どんな職種・業種の人であっても、その経験が一滴たりとも無駄にならないのである。これこそが中小企業診断士の最大の魅力の一つである。

私がクレアールを選んだ理由

受講料の安さと答練数は他校に引けをとらないというコストパフォーマンスの良さが何よりの魅力でした。また答練はPDF形式でも入手できることなど、とても便利なサービス内容であったと思います。

 

近藤 淳二さん

合格者VOICE

私は企業の内部監査部門に所属しておりますが、現在の内部監査では不正等の摘発もさることながら、経営者の視点に立った上での組織体への付加価値付けや業務改善提案が求められます。診断士試験や実務補習、実務従事で得た知識や経験は、企業や関係会社の様々な部門の監査の際に大いに活用出来、監査業務の品質向上に寄与しています。

私がクレアールを選んだ理由

1次試験は独学で合格を果たしたものの、続く2次試験不合格を受けて、クレアールに御世話になりました。 2次合格に必要な知識はクレアールの2次試験対策テキストと各事例の基本問題のみでしたが、これらの内容のみで十分かと思います。

 

佐藤 誠吾さん

合格者VOICE

診断士の魅力は以下の3つあると感じています。 ①1つ目は、中小企業の社長から喜んで頂ける事です。例えば経営革新計画では、社長との直接面談、経営分析を行い、経営革新計画を提案します。実行され望ましい結果が実現できた時に、感謝されると共に、達成感が味わえます。 ②2つ目は、診断士資格を取得していることにより、特に社外の方々との面談においても高い評価を感じます。 ③3つ目は、診断士の各種研究会や会合を通じて、多方面に亘る業界知識や、人脈形成が図れることです。個人の専門分野の強化と、知識の幅を広げ、業務の拡大につながります。

私がクレアールを選んだ理由

クレアールの教材はとても効率良く試験の頻出項目が凝縮、整理されて解説しており、補助教材/問題集のまとめ方も良いと思いました。

 

大根田 陽介さん

合格者VOICE

中小企業診断士の仕事は他の士業とは違い、独占業務がありませんので「自分の仕事を創る」ことが必要です。独立している方々は、診断業務、セミナー講師、執筆、起業支援、専門コンサルなど、自身の「強み」を最大限発揮して活躍されています。私自身、合格・独立してからまだ3年余ですが、日頃から診断士協会の活動や各種セミナー受講などを通じて人脈を拡げ、少しずつ仕事につなげてきました。サラリーマン時代より「総合的な仕事力」が格段とアップした(かのように?)感じている毎日です。

私がクレアールを選んだ理由

通信学習で最もテキスト・問題集のボリュームが少なそうなクレアールを選択しました。理由は①コンパクトにまとめられたテキストを繰り返して苦手科目の基礎を固めたかったこと、②その上で過去問を解く時間を十分に確保したかったこと、の2点でした。

 

鈴木 政司さん

合格者VOICE

昨年5月に35年間勤務した生命保険会社を定年退職し、自営業として再出発しました。小生の場合、最初に取得した国家資格が社会保険労務士だったこともあって、活動は労務分野を中心としたコンサルティングです。現在のところ、5件のコンサル契約を受託して取り組んでいますが、中小企業診断士の資格と知識を活かして、経営全般に関わる助言や情報提供もできることを自分の最大の強みと考え、また実務においてもそのように心掛けて活動できることが魅力です。今後は診断士の一分野である、中小企業の事業承継分野にも注力していく計画としています。

私がクレアールを選んだ理由

クレアールでは無駄のないテキストを使用していますが、これを何度も繰り返して熟読し、きっちりマスターすることが合格の近道と考えたからです。

 

小玉 和史さん

合格者VOICE

研究開発から営業職に移って、ビジネスマンとして求められる能力が多岐に渡ることを知りました。そのことが診断士を目指したきっかけです。この資格の魅力を以下3点にまとめてみました。①マーケティング、生産、財務、組織人事など幅広い知識と思考力が身に付きます。②診断士の基本である「診る」「書く」「話す」能力が飛躍的に向上します。③合格後は診断士間の交流により人 脈は拡大し、確かな問題解決力が培われます。1次試験での知識、2次試験を通じて培われる確かな問題解決力、合格後の研究会活動における様々な専門家との交流は、仕事をする上においても人生設計においても大変有意義であると感じています。

私がクレアールを選んだ理由

コース(カリキュラム)設定が多様で自分の希望とあっていたこと。 必要最小限の内容で効率的に学べる講座を提供し、自信を持たせてくれると感じたからです。

 

高塚 慎太郎さん

合格者VOICE

他の士業と違い、中小企業診断士には独占業務がないため、資格そのものの特権はありません。にも関わらず、中小企業診断士という資格を保有しているからこそできる仕事が数多くあります。それは資格としての特権ではなく、スキルそのものが求められており、「診断士には特別なスキルが備わっている」と認識されているからです。診断士としてのスキルとは、1次試験で求められる「幅広い知識」と2次試験で求められる「論理的思考力」「シンプルな表現力」です。このスキルはビジネスにおける基盤といえるものであり、診断士として仕事をすればするほど、自分の可能性が広がっていく実感が得られています。

私がクレアールを選んだ理由

1000問ノック答練、過去問題集等が論点別に編集されており、一つの分野を集中的に一気にやることで知識を一つの塊としていれることができることです。

 

武住 泰和さん

合格者VOICE

中小企業診断士はコンサルを行う仕事です。ところが全ての分野において専門家レベルという人はまずいません。しかし、どんな人でもある分野については人よりも知識があり、実績があると思います。こういった異なった強みを持った人が集まれば、素晴らしいコンサル、提案が出来るのではないでしょうか。また、企業勤めの人にとって、従事している分野以外を知ることは重要だと思います。私は電子部品の品質保証をしていましたが、財務については知る必要もありませんでした。診断士の試験範囲は企業経営、運営について必要なことを全て網羅していますので、知識を得て実践することは大きなプラスになると思います。

私がクレアールを選んだ理由

合格ゼミが魅力的だと感じました。合格ゼミのような勉強会で他人の考えを聞くことも2次試験対策として重要と考えたからです。

 

森川 嘉人さん

合格者VOICE

試験勉強の中で身につけたビジネスに関する幅広い知識や論理性は、資格取得だけでなくビジネススキルの向上ももたらしています。 中小企業の診断だけでなく企業内で仕事をする様々な局面で活かすことが出来るため大変有用だと思います。

私がクレアールを選んだ理由

1年目は独学で、2年目は受験予備校へ通うことを決めて検討したところ、以下の2点が優れていると思いクレアールに決めました。 ①試験範囲が膨大で全てを学習することは難しいことは痛感していたので、合格に必要な事項に絞り込んだテキストと非常識合格法が魅力的だったこと、②他のスクールと比べて受講料は安いのですが、講師の質は高く事務局のサポートも充実していました。

Return Top