Read Article

2016年度試験対策 2次試験対策講座カリキュラム

2次 基本マスター講義

〈 1コマ75分×10回 〉 2015年10月上旬~11月下旬

2次対策の基礎力養成のためのインプット講義です。論点毎に整理していますので過去の出題頻度や出題傾向に即して強弱をつけた学習が可能となります。実際の事例演習に備えるための知識力をマスターしたい方に最適です。

単元学習範囲主要内容
1合格答案への戦略
(スタートアップ講義)
読み方・考え方・書き方のポイント①
2読み方・考え方・書き方のポイント②
3事例Ⅰ
(組織・人事事例)
事例解法に向けた必須知識①
4事例解法に向けた必須知識②
5事例Ⅱ
(マーケティング・流通事例)
事例解法に向けた必須知識①
6事例解法に向けた必須知識②
7事例Ⅲ
(生産・技術事例)
事例解法に向けた必須知識①
8事例解法に向けた必須知識②
9事例Ⅳ
(財務・会計事例)
事例解法に向けた必須知識①
10事例解法に向けた必須知識②

 

2次 記述マスター講義

〈 1コマ75分×12回 〉 2015年11月下旬~12月中旬

頻出の基本知識が実際に記述できるレベル(5段階の第2レベル)までをマスターします。ショートケース(短文記述)~戦略実行プロセスまで段階を引き上げて指導していきますので、表現力や文章力に自信のない方も安心です。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅰ(組織・人事事例)事例解法技術修得に向けた基礎演習①
2事例解法技術修得に向けた基礎演習②
3事例解法技術修得に向けた基礎演習③
4事例Ⅱ(マーケティング・流通事例)事例解法技術修得に向けた基礎演習①
5事例解法技術修得に向けた基礎演習②
6事例解法技術修得に向けた基礎演習③
7事例Ⅲ(生産・技術事例)事例解法技術修得に向けた基礎演習①
8事例解法技術修得に向けた基礎演習②
9事例解法技術修得に向けた基礎演習③
10事例Ⅳ(財務・会計事例)事例解法技術修得に向けた基礎演習①
11事例解法技術修得に向けた基礎演習②
12事例解法技術修得に向けた基礎演習③

 

2次 解法マスター講義

〈 1コマ75分×12回〉 2016年2月上旬~3月中旬

過去問を用いて、事例問題に対する思考プロセスと類推力を繋ぎ併せた合格答案を講師が指南します。高い解答力と解法テクニックをマスターしたい方や基本知識はあるものの事例解法の糸口が見いだせないとお悩みの方に最適です。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅰ(組織・人事事例)クレアール式事例解法技術の実践①
2クレアール式事例解法技術の実践②
3クレアール式事例解法技術の実践③
4事例Ⅱ(マーケティング・流通事例)クレアール式事例解法技術の実践①
5クレアール式事例解法技術の実践②
6クレアール式事例解法技術の実践③
7事例Ⅲ(生産・技術事例)クレアール式事例解法技術の実践①
8クレアール式事例解法技術の実践②
9クレアール式事例解法技術の実践③
10事例Ⅳ(財務・会計事例)クレアール式事例解法技術の実践①
11クレアール式事例解法技術の実践②
12クレアール式事例解法技術の実践③

 

2次 解法マスター答練

〈1コマ90分×8回〉 2016年3月下旬~4月下旬

解法マスター講義で身に付けた解法テクニックを実際の事例演習で成果を確認していきます。内容は本試験レベルからやや易しいレベルとなっているためひとつひとつの解法手法の流れが確認しやすくなっています。添削付き。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅰ(組織・人事事例)解法マスター答案練習/解説①
2解法マスター答案練習/解説②
3事例Ⅱ(マーケティング・流通事例)解法マスター答案練習/解説①
4解法マスター答案練習/解説②
5事例Ⅲ(生産・技術事例)解法マスター答案練習/解説①
6解法マスター答案練習/解説②
7事例Ⅳ(財務・会計事例)解法マスター答案練習/解説①
8解法マスター答案練習/解説②

 

事例Ⅳ論点別解法講義

〈1コマ75分×4回〉 2016年5月上旬

2次試験で大きな差がつく事例Ⅳを得点源にしていきます。頻出論点別に解法手法を明示していくので体系的な理解(わかる→できる)が得られます。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅳ(財務・会計事例)論点別理論解説/演習①
2論点別理論解説/演習②
3論点別理論解説/演習③
4論点別理論解説/演習④

 

事例Ⅳ論点別解法答練

〈1コマ90分×2回〉 2016年5月中旬

事例Ⅳ解法講義で習得した論点別の解法手法をもとに予想問題にチャレンジしていきます。事例Ⅳで確固たる得点力を養いたい方に最適です。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅳ(財務・会計事例)論点別解法答案練習/解説①
2論点別解法答案練習/解説②

 

2次 実力養成答練

〈1コマ90分×12回〉 2016年5月下旬~7月中旬

ハイレベルな問題にあたっていくことで早期に実践力を養成します。基本知識~一連の解法手法をマスターされた方(上級生)に最適です。添削付き。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅰ(組織・人事事例)実力養成答案練習/解説①
2実力養成答案練習/解説②
3実力養成答案練習/解説③
4事例Ⅱ(マーケティング・流通事例)実力養成答案練習/解説①
5実力養成答案練習/解説②
6実力養成答案練習/解説③
7事例Ⅲ(生産・技術事例)実力養成答案練習/解説①
8実力養成答案練習/解説②
9実力養成答案練習/解説③
10事例Ⅳ(財務・会計事例)実力養成答案練習/解説①
11実力養成答案練習/解説②
12実力養成答案練習/解説③

 

2次 直前完成答練

〈1コマ90分×8回〉 2016年8月中旬~9月上旬

公開模試同様に本試験レベルの予想問題にあたっていきます。これまで培ってきた知識をベースとして、最終総仕上げと直前期の課題把握に最適です。添削付き。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅰ(組織・人事事例)総合答案練習/解説①
2総合答案練習/解説②
3事例Ⅱ(マーケティング・流通事例)総合答案練習/解説①
4総合答案練習/解説②
5事例Ⅲ(生産・技術事例)総合答案練習/解説①
6総合答案練習/解説②
7事例Ⅳ(財務・会計事例)総合答案練習/解説①
8総合答案練習/解説②

 

2次 公開模擬試験

本番さながらの実践的演習(解説講義は行いません)により、2次試験直前の実力を客観的に把握し分析することが可能となります。本番までに取り組むべきポイントや修正すべき点を明らかにします。
※成績処理(偏差値・正答率・合否判定)~返却まで約2週間程度要します。

単元学習範囲主要内容
1事例Ⅰ、事例Ⅱ事例Ⅲ、事例Ⅳ2016年9月16日(日)
9:50〜17:10

 

カリキュラムにつきましては変更する場合がございます。予めご了承願います。

Return Top