Read Article

「自作の間違いノートがオススメ」 渡邉 千奈美さん

渡邉 千奈美さん

受験回数:3回(内、お試し受験1回)

 

社会保険労務士を目指したきっかけ

以前は全く関係のない医療事務の資格を取り、医療事務の仕事に従事していました。今後転職する際に簿記の2級を持っていたので一般事務も視野に入れて求職ができるよう何か勉強をしようと考えていた時に、知人に「社会保険労務士の資格を持っていると労務関係の事務の仕事に役に立つよ。」と勧められました。

その時は社会保険労務士という資格は名前は聞いたことはあるけれど、どんな資格か、またどんな仕事なのかも知らない状況でした。でも、通信でも取る事が出来ると知人が言っていたので、資格は取れなくても一度勉強してみようという安易な考えで勉強を始めました。

 

クレアールを選んだ理由

もともと大学も理系で、法律独特の言い回しにもはじめはかなり苦戦しながら1年目は5か月ほど勉強しました。問題集も完ぺきとは言えず、セットにあった模試もあまりいい成績ではありませんでしたが、どんな試験なのかとりあえずお試しで受けました。

結果は合計点数は足りていたのですが、選択の足切りで1点足りずに不合格でした。その年は合格率が悪かったこともあり、もう少しで手が届きそうでしたので、また3月ころから勉強をスタートして2年目も受験しました。1,2年目は他校の講座を受けており、2年目には動画を見ているときも「ここはやったなぁ」と聞き逃していた部分もあり、足切りで2点足りず成績が悪くなってしまいました。

新しい気持ちで受けなおそうと思いインターネットで探したところクレアールを見つけました。以前のところになかった受験経験者のコースがクレアールにはあり、またセーフティーコースで合格できなかった場合でも翌年もう1度受けれるという点に惹かれクレアールを選びました。

 

具体的な学習方法

まずはテキストを見ながら動画を見て、自分なりに「テキストより説明がわかりやすいたとえだったな」というところは動画を止めて鉛筆で書き込みをしていきました。
次に過去問題集の1回目を解き解答でわからなかったところはテキストに戻って確認するようにしました。

そのあとは講義が配信される順番に動画→問題演習→テキストを繰り返しました。経験者コースで細かい説明がもっと少ないのかなと思っていたのですが、斎藤先生の講義は丁寧で、また、違う法律で同じところがあったところや、似たところがあったところをその都度教えて下さるので「あーそういえばそんなのがあったなぁ」と聞いていただけだったのですが、講義が進んでいくごとに自分で「あ、ここは○○法と同じだ」と自然と覚えていました。そういったことも後で忘れてしまうことがあるので一応メモを取っていました。

ハイレベル答練などを終えたあたりでもう1度過去問題集を解き、2回正解しているところがわかるようにチェックをつけました。基本的に問題集を解いて似たところがあったなど気になったことが少しでもあれば、面倒でもテキストで探してみるよう心がけていました。

直前期には直前講座を受講し、2回連続間違っているハイレベル答練や過去問題集の問題だけをもう1度解き直し、残り半月を切っていたのでそれでも間違えた問題をコピーし、ノートに張り付け間違いノートを作りました。模試も1回目に1択ずつ〇△×でマークをつけて、2回目は完全にわかっていた選択肢を除いて△のみを問題集のように1問ずつ説き、間違いノートに追加していきました。

最後の二日は体を休めるため自作の間違いノートと白書対策を読むだけにしました。

 

クレアールでよかったこと

問題集の問題の量がすごく多く似た問題もあるのですが、繰り返すことで自然と知識がついていました。

斎藤先生が関連のある所を何度も言って下さるので、その時にポストイットでメモしておき、動画が終わった後に確認することで反復が多くなり頭の中が整理できたのだと思います。

また、板書もデータで見れるので動画の視聴の際には一緒に開いておき、必要なところだけメモを取ってテキストに記載する事が出来ました。すべて書いておくと後でどれが大事かわからなくなるのですが、見ながら必要な箇所だけ整理して書いておくと後でテキストを見直す際に見やすくてよかったと思います。

 

今年の本試験を振り返って

模試の結果が悪く試験前は自信がありませんでした。試験当日も、選択式の足切りが怖かったのですが、気持ちを切り替えお昼休みは昼食をとりゆっくり休憩しながら間違いノートを流し読みして択一に臨みました。年金から説き始めたのですが、間違いノートで見た問題もいくつか出ており、割とゆっくり落ち着いて説いていたので、労基が終わったあたりで時間が気になったのですが、予定通りの時間で解けていました。労災は悩む問題が多く自信がなかったのですが、択一の足切りは4でいいため、あまり深追いせず消去法で選択肢を決めていきました。最後は30分ほど時間が余ったのですが、マークミスのチェックを一通りし、自信のある問題に〇をつけていたので、それを科目ごとに数え、労災と一般常識がぎりぎりだったのでそこの見直しのみに時間を使いました。不思議と例年より疲れもなく、いい緊張感で試験を終える事が出来ました。夜にゆっくりと自己採点をした際に、足きりがなく30点と50点を超える事が出来たので安心して寝れました。面倒でも気になるところはテキストに戻っていたことと間違いノートを作ったのがよかったのだと思いました。

 

Return Top