Read Article

「本番では精神力が大事、難問をみても冷静に」 上野 ひろみさん

2010年社会保険労務士合格体験記 上野 ひろみさん

本番では精神力が大事、難問をみても冷静に

 
在籍校・学習スタイル
DVD通信
受講コース
一発ストレート合格コース
受験回数
5回
性別、年齢
女性 ・ 32歳
職業
本試験時 会社員 (現在 主婦
合格までの年数
5年
1日の平均学習時間
平日は、出勤前1~2時間 帰宅後2~3時間 通勤時間・休憩時間等々の細切れ時間を有効に使った 休日は、6~10時間(時間のゆるす限り)
試験までの総学習時間
教材(5年間クレアールのみ)を合わせて、多分800時間程度
 

【社会保険労務士試験を受験した動機】

仕事で人事にたずさわっていて、もっと深く知識を広げたいと思っていたことと、同時期に転職を考えていたので、資格をとって転職の武器にしたかったため。

 【科目別学習方法】

  • 得意科目 ⇒ 基本的な用語を始めに覚えてから、自分が知りたいと思った分野から、どんどん広げて学習した。
  • 苦手科目 ⇒ 極力、苦手と思う科目をつくらない。思わないようにした。
でも、どうしても思ってしまったら、書きまくって最終的に暗記した。

【クレアール社労士アカデミーとの出会い】

私の性格上、通学がよいと考え、PCで調べて職場の帰りに勉強ができる場所で、当時あった水戸校に説明を聞きに行ったのがきっかけ。

【モチベーションの維持の方法】

水戸校のゼミで仲良くなり、先に合格した友人から、色々と悩みを聞いてもらったり、実際に合格して活躍している姿をみて、絶対自分もそうなりたいと思える環境にあった事と、家族・友人が息詰まったとき、タイミング良く私をリフレッシュに連れ出してくれた。

【直前期の学習について】

とにかく、全科目を短時間で繰り返すこと。直前期に理解しようとすると深みにはまるので、諦めて暗記するのがお薦め。

【通学・通信コースのメリット】

人それぞれ、ムキ・フムキがあるので、慎重に決めたいところ。 私の場合、1年目は絶対に勉強する状態に自分を追い込まないとダメだと思い、通学にこだわった、2年目以降は、通学できないこともあり通信に、細切れ時間を有効に使うように、 ipodで通勤中などで常に勉強できるようにした。なかなか、机に向かって勉強する時間がとれなかった私には、この通信講座が意外にあっていた気がする。

【受験勉強にあたっての心のケアー】

長期受験の私は、自分自身に今年こそは、合格しなければとプレッシャーをかけていたこと、真夏の直前期での追い込み勉強、仕事でも多忙だったことから、4年目の直前期に夏バテ、心のケアーも大事ですが、やっぱり体が基本、体が万全でなければ、心も段々滅入ることを実感。

【本試験を振り返って(本年度社労士試験のレベル)】

5年間受験してみて、だんだん出題する問題がなくなっているのかな?と思った。 民法等々が出題されるのも、近い気がした。

【本番では精神力が大事、難問をみても冷静に】

毎年必ず、変な問題は出ます、周りで溜息をつく人も、、、そんな時は、苦笑して下さい。『ヤッパリ、でたなあ!!』と、きっと溜息をついて凹むより、苦笑でも笑っているから前向きなはず、答えは正解するかどうかは置いておいて、とりあえず記入する、次の確実に正解できる問題に時間をかける。皆ができる問題を、絶対に正解することが合格につながっていく。

【ベテラン受験生へ】

きっと、自分がこんなに長く受験生でいることなど、想像していなかったでしょう。 そして、無意識のうちに自分自身にプレッシャーをかけているのではないでしょうか?実際に私はそうでした。でも、続けて勉強した何年間は着々とあなたを合格へと向かわせています。続けていれば、きっと良いことがあるので頑張って下さい。

【感謝の意】

5年間の受験勉強で、本当にたくさんの人達に助けていただき、合格を勝ちとることができました。本当にありがとうございます。感謝しても感謝しきれないくらいです。この気持ちを、社会保険労務士の仕事を通じて、恩返しできればと思っています。

【総括して】

今、合格をして社会保険労務士を目指す前の自分を比べて少し成長したような気がしています。長い受験生活でしたが、周りの人達の優しさに、そして、どうしても社会保険労務士になりたいと自分の強い意志に気付いた貴重な5年間だったような気がします。

【終わりに】

私は、通信講座だったため、電話等々で質問することが多かったのでずが、いつも丁寧に対応していただきました。その際に、必ず励ましの言葉をくれたことが、勉強にやる気をださせてくれました。クレアール水戸校に行った時に、親切な説明をして下さったことから始まり、5年間お世話になり、本当にありがとうございました。 心から、クレアールにしてよかったなと今、実感しています。また、ゼミ・合格祝賀会で出会った友人たちと長く付き合っていけそうです。そんな出会いをくれたクレアールに感謝です。重ねてありがとうございました。
Return Top