Read Article

「通信なら仕事や子育てをしながらでも勉強できる」滝沢 啓子さん

2015年社会保険労務士試験合格体験記

「通信なら仕事や子育てをしながらでも勉強できる」

滝沢 啓子さん

  • 年金ブラッシュアップコース受講
  • 受験回数 : 6回
  • 年齢 : 40代
  • 職業 : 会社員(事務)
  • 合格までの年数 : 8年
  • 学習時間 : 最後の年は500時間弱(それまでは記録をつけてませんでした。)
  • 得意科目 : 最初のころは労働基準法でしたが、後半は年金科目が得意になっていました。
  • 苦手科目 : 最初から最後まで一般常識が苦手でした。

社会保険労務士を受験した動機

自分で時間を調整できるような仕事をしたいと思い、将来自分で開業して出来る仕事として魅力を感じたので、社会保険労務士に挑戦してみようと思いました。

モチベーション維持の方法

将来、自分はこうなりたい!という事を頭の中に思い描いて、自分自身に負けないように頑張りました。

クレアールに入学するまで

最初の2年間は独学で、頑張ってみましたが、思うように点数が伸びませんでした。

その後、結婚、出産などで、2年くらい受験を中断し、育児休業中に受験を再開しようと思い、講座を検討しました。クレアールに受講を決めたのは、通信講座があることや、過去問など、解く問題の数がとても多そうだったことや、法改正や一般常識対策がしっかりしていそうだったからです。実際に講座を受講した後では択一の点数がかなり伸びました。

通信コースのメリット

住んでいるのが田舎なのと、子供が小さいので、通学は最初からあきらめていました。

通信は自分が都合のよい時間に、受講できるところです。1日30分でも1時間でも自分のできる日にできる分だけ進めていけるというのは、仕事や、子育てをしながらの勉強にはとてもありがたい事でした。

 

学習方法

クレアールの教材が届いても、講義を聞く時間がなかったりした時は、自分が苦手な科目を優先に講義を聞き、過去問題集を解くというのを優先しました。

直前期は答練をみなおしたり、法改正部分を見直したり、ヤマ当て講座などを活用したりしました。横断整理は頭の中が、すっきりするので、最後まで何度も見直しました。コンプリーションノートは小さくて持ち運びが楽なので、ちょっとした待ち時間などに持ち歩いて使用していました。

本試験

本試験のときは、今年は何がなんでも合格する!と思って試験に臨みました。本試験の当日、北村先生が試験会場にいたので握手していただきました。北村先生に握手してもらったからきっと大丈夫!と自分に暗示をかけて頑張りました。その結果、択一の厚生年金は10点取ることができました。きっと北村先生効果だと思います。

 

合格発表当日

私は2年連続で、1科目1点差で、不合格の涙を飲みました。 自分なりに毎年選択式対策の勉強に工夫したつもりですが、結果が出ませんでした。今年も、合格発表を見る前は、不合格だと思っていました。

クレアールのHPで今年は2.6%だったと書いてあったので、合格基準点を見るつもりで合格発表を見たら、自分の受験番号がありました。

なかなか。合格が信じられず、実際の合格証書が届くまでは間違いかと思っていました。

努力したらきっと結果はついてくる。あきらめたらそこで終わりだよ。と主人にいつも言われていたので、諦めなくて本当によかったと思っています。

最後に

北村先生。斉藤先生、事務局の皆様、そして、私を支えてくれた家族その他応援してくださった方々に心から感謝します。やっとスタートラインにたつことが出来ました。ありがとうございました。

Return Top