Read Article

「妻のおかげで運良く合格」 R.Oさん

R.Oさん

  • 受験回数:4回
  • 性別:男
  • 年齢:47歳
  • 職業:公務員
  • 合格までの年数:3年7か月
  • 1日の平均学習時間:30分~2h位(通勤時間、就寝前の時間、朝の数分)
  • 試験までの総学習時間:500h/年位
  • 受講コース:中級マスターコース
  • 得意科目:社一・国年(仕事柄、なじみがありました)
  • 苦手科目:労一・厚年(最後まで点数が取れませんでした) インターネット上の過去問題集やパソコンソフト等、クイズ感覚で問題を解くこと ができるものを他の科目以上に活用しました。
  • 科目別学習方法:科目によって学習方法が変わることは無かったと思います。

社会保険労務士試験を受験した動機

公務員という仕事柄、国民年金や国保などの業務にも携わり、また労働組合の役員などしているうちに社会保険労務士に興味をもちました。

クレアールに入学するまで

独学で3回の受験を試みましたが、箸にも棒にもかからない結果でした。3回目の試験結果の発表後、妻から「今までの勉強方法では受からないのだから、来年も受験するなら勉強方法変えないと受からないんじゃない。」言われました。この言葉をきっかけに来年の再受験とそのための通信教育を受けようと心に決め、ど の通信教育が良いかインターネット等で評判や教材を調べました。 結果、斉藤先生の講義の評判と20年分の過去問題集と受講料の割安感が決め手となりクレアールさんに受講の申し込みをいたしました。

学習、モチベーションの維持方法

3回目の試験までは独学(市販のテキスト、過去問題集、インターネット、パソコンソフトなどの活用)で進めていました。 社会保険に関する一般常識や国民年金などは仕事上でのなじみもあり、「独学でもなんとかなる。」と思ったのが間違いのもとで、「なんとかなる。」で学習計画も不十分であったことが3回も不合格となる原因だったと思います。 通信教育を利用し、学習を進めるにあたって自分に一つだけ課題を課しました。その課題は、10分でも、たったの1問を解くだけでも良いから「毎日必ず勉強する。」です。 暗記が必要なものも多く、せっかく覚えても忘れてしまっては意味がありません。毎日問題やテキストに触れていれば忘れる度合いも減り、モチベーションを保つことも可能であろうと考えて課したものです。結果として効果はあったと思います。また、1問解くだけでも良しと低いハードル設定をしたことでモチベーションが下がっていても(酔って帰宅しても?)毎日続けることが出来ました。 今回受講した中級マスターコースの講座の中では、特に答練マスター講座の「○×問題を解いて講義を聞く。」というスタイルと講義の内容が私には合い、すっきりと理解できる感じがありました。 答練マスター講座の全講義を携帯電話に入れ、徒歩通勤時間等を利用して毎日のように1.5倍速(2倍速があればもっと良かったです。)で聞き続けましたが、これが合格の決め手になったようです。(受講期間中のテキスト読みと過去問題集は2回しか回せていませんし、白書対策や直前チェック等も1~2回しか回せませんでした。)

本試験を振り返って

4回目の試験が終わって、択一式の答え合わせをしたら、なんと一般常識が3点!この時点で「今年も終わった。」と思いました。翌日、選択式の答え合わせをしたら雇用が2点、健保が2点。これで「完全に終わった。」と思うこととなりました。でも総得点は択一50点 選択29点でこれまでと比べて大幅にアップしたので、「今後も同様の通信講座で学習を続ければ間違いなく合格する。」との確信を持つことができたのも事実です。 今回の本試験を振り返ってみると、選択式では雇用、健保の基準点割れをしましたが、どちらの科目もテキストに答えが載っているような問題であり、テキスト読みを試験直前の週にもう1度回せれば基準点をクリア出来たのではと思いました。また択一式でも一般常識科目を基準点割れしてしまいましたが、この科目では「完璧な早とちり」によって落とした問題が1問あり、時間が無い中でも落ち着いて設問を読むことが本当に大事だと実感したところです。不合格を確信していましたので、試験終了後すぐ2015年度の講座(上級スタンダードコース)を申し込み、来年の合格を目指してテキスト読みから再スタートを切りました。

合格発表日

11月7日(金)の発表日は仕事の忙しさもあって合格発表は見ませんでした。(「見るまでもない。」といった感じです。) そして11月8日(土)の朝7時、「今日からまた新たな気持ちで勉強に励もう。」と思い立ち、けじめをつける意味で不合格を確認すべくインターネットを見ました。 そうしたらなんと自分の番号があるではないですか!「何かの間違い?」と思いましたが受験表で番号を再度確認してやっと「本当に合格?」と思うことができました。

終わりに

今回は基準点割れ科目の全てが救済され、本当に運良く合格できたと思っております。今一度、背中を押してくれた「妻」と効果的な講義をいただいた斎藤先生、北村先生ほかクレアールスタッフの皆さんに感謝申し上げ、私なりの「合格体験記」としたいと思います。
Return Top