Read Article

リベンジ合格のための非常識合格法 – 試験分析から学習法を考える


クレアールは、試験をこう捉える

社会保険労務士試験は、7割取れれば合格できる!合格に満点は必要ありません。

 

クレアール社会保険労務士講座の合格戦略「3つのツボ」

 

本試験を分析すれば、学習法が見えてくる

難問以外はミスなく正解できたを目指す。
無駄な勉強はしない! 自己満足の勉強ではなく、合格するための勉強をする!

●社会保険労務士試験 過去10年の合格ライン

過去10年の合否ラインを見ても、選択式は26点が過去最高、満点は40点。択一式は過去最高は48点、満点は70点。どちらも7割取れると合格可能。苦手科目を作らず、満遍なく学習することが合格戦略となりますが、満点を目指す必要はありません。

●社会保険労務士試験の[内容]

【表ア】 試験の内容

●社会保険労務士試験の[合格ライン]

【表イ】 合格ライン


(選択・集中) 学習範囲の「選択」「集中」で必要部分を徹底的に習得

過去問は、試験のことを教えてくれる最大の情報源!

クレアールの学習範囲
クレアールは過去20年分の本試験問題を分析し、合格のための勉強に徹することができるように「合格必要得点範囲」を提示します。5〜10年分の過去問を解くことはもちろん大切ですが、過去20年分の試験分析に基づき「頻出分野」「頻出論点」および押さえるべき条文・判例を明確にします。学習範囲が明確だから繰り返しの学習が容易となり知識定着が図れます。

一般的な学習範囲
社労士試験の出題範囲は膨大で、単に科目ごとに網羅的な学習をしていては知識の定着はおろか、合格に必要な学習範囲すら修了することができません。すべてが中途半端となり、苦手科目が出来てしまう温床ともなります。

 

(集約) テキスト・過去問20年分+法改正対策=合格点を勝ち取る

過去のデータを科学的に徹底分析された、テキストと過去問題集を配本!

テキストは試験を徹底的に分析し受験対策用に編集し合格に必要な部分を明確にした内容です。また、テキストとリンクしている過去問題集は過去10年分の全問掲載に加え、過去11〜20年前の過去問分については厳選問題を掲載し、多くの過去問に触れていただけるようにしています。クレアールの過去問題集は分野別・条文別に編集しているので講義で学習した内容が理解できているのかどうか過去問を通して確認できます。さらに、法改正対策講座にて合格対策が万全となります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: haihon.png
Return Top