思い立ったら吉日!2023年合格目指せ!初学者対象講座のご案内

労働保険徴収法 4 継続事業の一括 [徴収法9条]

目次

問題

ポイント!!

要 件それぞれの事業が、① 事業主が同一人であること② 継続事業であること③ 労災保険率表による事業の種類を同じくすること④ 次のいずれか一のみに該当すること・二元適用事業であって、労災保険に係る保険関係が成立している事業・二元適用事業であって、雇用保険に係る保険関係が成立している事業・一元適用事業であって、労災保険に係る保険関係及び雇用保険に係る保険関係が成立している事業⑤ 厚生労働大臣の認可を受けること
認可申請継続事業の一括の認可を受けようとする事業主は、「継続事業一括申請書」を、厚生労働大臣の指定を受けることを希望する事業に係る都道府県労働局長に提出しなければならない。
○継続事業の一括においては、地域的制限はない。○ 継続事業の一括は事業の規模にかかわりなく行うことができ、暫定任意適用事業であると強制適用事業であるとを問わない。

● 継続事業の一括成立後における変更手続

○ 継続事業の一括の認可を受けた事業主は、当該認可に係る事業のうち、指定事業以外の事業の名称又は当該事業の行われる場所に変更があったときは、遅滞なく、「継続被一括事業名称・所在地変更届」を、指定事業に係る所轄都道府県労働局長に提出しなければならない。○ 指定事業の名称、所在地等に変更があった場合においては、変更が生じた日の翌日から起算して10日以内に「名称、所在地等変更届」を所轄労働基準監督署長又は所轄公共職業安定所長に提出しなければならない。

ポイント+α

○ 継続事業の一括について認可があったときは、指定事業以外の事業の保険関係は消滅するため、保険料の確定精算手続が必要となる。また、指定事業については、増加概算保険料の申告・納付の手続が必要となる場合がある。
講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次