Read Article

「初受験で合格」 I・Tさん

post-3599t

I・Tさん

受験回数:1回

 

社会保険労務士を志したきっかけ

以前、人事部門で働いていましたが、その後家族の転勤により退職しました。子育てもひと段落し、また働きたいという気持ちが強くなり、社会復帰のきっかけになればと受験しました。

 

クレアールを選んだ理由

住んでいる地域から通学は難しかったので、通信講座の中から選びました。
価格や内容を比較して、次の点からクレアールに決めました。

  • 好きではない声を聴き続けるのは苦痛なので、講師の方の声が心地よいこと。(北村講師も斎藤講師も、とても馴染みやすく聞きやすい声です)
  • DVDを扱うのが面倒だったので、WEB講座であること
  • 過去問や法改正もセットで、価格が高額でないこと

 

具体的な学習方法

① ひととおり基本錬成講座を受講しました。

② 錬成講座と並行して過去問を2回解きました。(労一だけは過去問を解きませんでした)
解答解説に納得できない場合や疑問をもった場合は、ネットを利用して必ず調べました。
とにかく、どうしてその解答になるのかという考え方を大切にしました。今考えると、択一で50点超えることができたのは、この作業のおかけだと思います。

③ 直前2か月は、法改正講義、横断講義を受け、白書まとめを読み、答練を1回解きました。子供が夏休みに入ってからは、まとまった時間はあまりとれなかったのですが、すきまの時間で少しずつ続けました。

 

クレアールでよかった点

Web講義の便利さ

Web講義だったので、たくさんの講義の中から自分に必要なものを選んで、気軽に受講することができました。聞き逃したところをもう一度聞いたり、得意な科目は1.2倍速で聞いたりと、自分のペースでできました。時間を有効に使うことができてよかったと思います。

たくさんの選択肢

私にとっては正直クレアールのテキストや講義は多すぎて、すべてを活かしきることはできませんでした。それでも無事合格できました。運も味方してくれたと思います。 講義を何度も聞いたり、テキストを何度も読み込んだりして合格したという方もいますが、私の場合は、「講義やテキストは最小限、ひたすら問題を解きながら確認」というスタイルがあっていました。

学習をすすめていく中で、自分に合ったやり方がわかってくると思います。クレアールにはたくさんの選択肢があるので、私のようにすべてを消化しきれない場合は、自分の必要な部分だけ利用していくのも一つの方法だと思います。人それぞれ合う方法は違うので、周りに惑わされないことも大切だと思います。

未受講分返金とお試し受験の制度があること

2年計画でセーフティコースに申し込みましたが、1回目で合格した場合にも未受講分の返金制度があるということだったので安心できました。 試験が近づいてきた時期、準備不足を痛感していて、今回は試験会場に行かず見送ろうかと本気で悩みました。でもお試し受験制度があったので、準備が間に合わなくてもとりあえず受けてみようと思うことができました。

 

本試験で注意すること

  • 冷房が効きすぎて寒いと辛いので、パーカーとレッグウォーマーを持参しました。実際に寒かったので、両方とも使用しました。
  • たくさんの人が同じ教室にいるので、匂いが気になる方はマスクをもっていくとよいと思います。
  • 東京の試験会場だったのですが、向かう途中に蚊にさされました。念のためかゆみ止めパッチ等を持っているといいかもしれません。
  • 試験が終わったとき、半分は正解できたかな?という程度の手ごたえでした。でも実際に採点をしてみると、正解が7割超えていました。試験中に自信のもてる解答が少なくても焦らないことです。とにかく落ち着いて冷静に最後まで解くことだけに集中するとよいと思います。

 

その他

嘘のような本当の話ですが、ぎりぎりの準備状態であったために、選択式の試験に基準点があることも知らずに受験しました。その結果、緊張もせず、悩みすぎることもありませんでした。もちろん準備万全で受けるのが一番いいのでしょうが、もしそうでなくても、なにがどうプラスに働くかわかりません。諦めないで挑戦してみたほうがよいと思います。

以上

 

Return Top