Read Article

「先生選びが合否を左右」 本田 修一さん

2010年社会保険労務士合格体験記 本田 修一さん

先生選びが合否を左右

 
在籍校・学習スタイル
DVD通信
受講コース
一発ストレート合格講座
受験回数
一回
性別、年齢
男性 26歳
職業
無職
合格までの年数
8ヶ月
1日の平均学習時間
8~10時間
試験までの総学習時間
約1900時間
 

【社労士試験を受験した動機】

当時「このまま一生サラリ-マンでいいのだろうか?」「本当に自分がやりたい仕事は一体何なのか?」サラリ-マンをする事が当たり前かつ無難と考える一方で,当時していた仕事に疑問や将来への不安を抱いておりました。そんな時に「資格で飯が食えて,独立開業も夢じゃない社労士っていう資格がある」という情報を友人から聞きました。何かを探しに行く様な気持ちで,まずは書店に行ったのを覚えています。

【クレアールとの出会い】

当時,各予備校情報など全く知らない私にとっては,直接訪問し自分の目で確かめる方法しかありませんでした。その中でもクレアールは,他校には無い20年分の過去問題集が用意されており,相談員の方がとても親身に相談乗ってくださったのを覚えています。即,クレアールで頑張ってみようと決めました。

【科目別学習方法(苦手科目)】

安全衛生法は,それぞれの条文が非常に似通っており,正確に踏み分けをするのが難しく,私の人生経験の中ではなかなか想像し難い科目でした。学習当初は,この科目に対して苦手意識が強かったのですが,あえて完璧を望まず全体の足を引っ張らない学習を心がけておりました。具体的には,過去問題集により出題頻度の高い部分だけを学習し,本試験での得点に繋げました。

【科目別学習方法(得意科目)】

雇用保険法は,法律の全体像を気にしながらの学習を心がけておりました。具体的には,部屋の壁に体系図を貼り,体系図と過去問題集を交互に見ていくという学習法です。「どの制度のどの給付が問われているのか」という頭の中の整理がつき,いつの間にか得意科目になっていきました。

【合格のポイント】

私の中で,試験合格には大きく幾つかのポイントがあると思います。 まず一つ目は,社労士試験とは記憶を試す試験です。クレアールで配られている20年分の過去問題集をとにかく回します。すると覚えにくい部分が必ず出てきますので,その部分を抜き出して自分オリジナルのレジュメを作成します。そして寝る前や空いた時間等を使いなるべく見るようにしていきます。すると,徐々にではありますが抜けのない知識が身に付いていきます。 二つ目にあまり深入りをしないという事です。勉強をしていると解らない事が増えてきます。これもあれもと考えている内にどんどん深みにはまります...深みにはまっていると感じた際には一度それらを中断されて「枝葉ではなく山を見る」という基本の学習に戻してみてください。 最後に「先生選び」を真剣になさって下さい。先生選びが合否を左右すると言っても過言ではありません。北村先生の講義は,専門用語を極力使わない実例を用いての講義になっておりますので,法律自体が初学だった私にも非常に解りやすく,私が一発合格できたのは北村先生のおかげといっても決して大袈裟ではありません。

【モチベーションの維持の方法】

学習を続けていくとモチベーションが下がる時期や場合があります。そんな時は,自分なりの気の抜き方を探してみて下さい。因みに私の場合は「近所への散歩」や「大きい音で音楽を聴く」でした。今だから言えますが,毎日毎日散歩ばかりしていました(笑) それともう一つ大事な事が「自分はこの資格を取った後どうなっているのか」を想像してみてください。あなたには何が想像できますか?私は,背広に徽章を付け専門知識をフル稼働しバリバリに仕事をしている自分を想像していました。すると自然とモチベーションが上がり「乗り越えよう,頑張ろう」と少しずつ気合いが入ったものです。

【選択式について】

私は,本試験選択式にて健康保険法2点の救済待ちでした。受験対策から本試験まで「やるだけやった」という気持ちはありましたが,試験後どのサイトにも健康保険法への救済予想はされておりませんでした。ある講義の中で,北村先生が選択式についてこんな風におっしゃった事がありました。「やるだけやったのに基準点以下を取ってしまったのなら,周りも絶対出来ていない。よって合格者調整の為その科目には必ず救済措置がとられます」と。結果,健康保険法は2点救済措置がとられ一発合格に至りました。

【最後に】

この体験記を読んでらっしゃる方の中には「社会保険労務士の一発合格なんて無理だ」と考えてらっしゃる方もおられるかもしれませんが,絶対にそんな事はないと断言できます。今だから言えますが,私も学習を始める前は「一発合格は難しい,必死でやって三回目位で合格できればいい方なのかな」位に思っていましたから... 合格を勝ち得た要素には,自分自身の努力というものは勿論ありますが,何より北村先生の講義がなければ,合格は出来ても一発合格をする事は出来なかったと強く感じております。 短い様で長かった八カ月,今振り返ると「青春したな」と清々しい気持ちでいっぱいです。これから新しい道へ踏み出すわけですが,挫けず怠けず青春を駆け抜けていきたいと思います。ありがとうございました。
Return Top