Read Article

「必要なことは、全てクレアールの講義にありました。」 M・Hさん

 

M・H さん

受験回数:4回

社会保険労務士を志した動機

私はこれまで、社会保険労務のような業界とは全く異なった分野の専門職に東京で就いていました。しかし数年前、個人的な事情で地方に赴くこととなり、これまでと同様の業務に就くことが難しくなりました。何か新しい仕事を始めようと思い探し始めると、自宅近くで人事事務の募集があることを知りました。もともと大学の学部では心理学を勉強していたこともあり、企業の人事業務には関心がありました。「家から近いし、とりあえずやってみようかな。」そんな軽い気持ちで応募したところ、幸いにも採用されました。そこで与えられた仕事が勤怠管理と給与業務。これまで関わったことのない業務ではありましたが、やり始めてみると性に合うというか、すっかり気に入ってしまいました。もちろん、それは業務の最も重たい部分をやってはいないから、ということもあったと思います。しかし、もともと細かい作業をきっちりとしていくということが好きであったこと、また今後、どこに行ってもニーズがある仕事であるということに魅力を感じ、この仕事を第二の仕事とするのもいいなと思い始めた頃、同僚が昼休みになると分厚い本を取り出してきて一生懸命勉強していることに気がつきました。何の勉強をしているのかと思い尋ねてみると、それは社会保険労務士資格の勉強。これが私とこの資格との出会いでした。

クレアールを選んだ理由

同僚の勉強の様は、5cm位はあるんだろうかというような、ぶ厚いA5の冊子を一人でひたすら読み進めるというものでした。私の率直な感想は、絶対に自分にはこんなことはできない、というものでした。そもそも私はナマケモノで、思いおこせば中学生や高校生の頃、自分からやりたいとお願いして両親に加入してもらった通信添削を、なんとただの一度も返信したことがないのです。(かかったお金のことを思うと、今でさえ、とても両親にはいえません。)それに法律の勉強もこれまで全くしたことがありませんでした。専門職についていた頃、業務上どうしても必要な関連法令を1つ2つ読んでみたことがある位です。社会保険労務士取得のために必要な法令の名前でさえ、諳ではいえないような状態でした。労働者災害補償保険だったかな、あれ、補償災害保険だったかな・・・というような状態です。資格取得までに時間をかけたくないとはいえど、最低限かかる時間だけでも相当な時間数が必要であることには薄々気づいていました。できるだけ最短で、しかし実務で困らないようにしっかり勉強したい――ここはひとつプロにお願いしよう、人生初の予備校なるものを利用しよう。そう決意し、予備校選びを始めました。

社会保険労務士資格のための予備校を調べると、思っていた以上にたくさんの予備校が出てきました。目にした全ての予備校の指導のスタイルや費用を確認し、絞込みを進めました。もともと研究職についていたため、こういった比較検討は全く苦になりません。このとき私が最も重視したことは「講義が受けられる」ということでした。どんなにわかりやすく書いてあっても、自分で文字面を追っていくのはとても無理。また勉強のリズムも作ってもらいたかったので、最初は通学にも魅力を感じていました。しかし現実としては、毎週通うことは自身の体への負担を考えるとやはり難しく、通信課程で探すこととしました。

その条件で絞り込むと、3つ4つほどの予備校が絞り込まれてきました。この中から、試験に合格するという意味ではやや深すぎる内容であると思われるところを外し、最後に費用面を検討すると、クレアールが飛びぬけて良いと思われました。基礎講義だけでも200時間を越える説明があるのに、十数万の受講料で受けられる。その段階で可能な比較材料は出尽くしていたので、そこならば価格の手頃さで決めればいい。そう思いクレアールでお世話になることとしました。

勉強方法

試験までの勉強方法は、予備校にお願いすると決めた以上、ただ、ひたすら、言われるままにしていこうと決めていました。まずは基本講義を担当されている北村先生の仰るとおり、ひたすら進めていきました。私は全くの初学者が履修するフルパックのコースを選択していましたが、申し込んだのは1月31日。スタートの時点で既にかなり遅れていました。そのため、とにかく基本講義マスター講義の理解と該当箇所の過去問題をこなし、フィードバックをテキストにしていくことで精一杯で、全く他のものなど見る余裕はありませんでした。5月にやっと厚生年金に入った頃は、もう今年受験するのは無理かとさえ思いました。しかし、とにかくなんとか全教科、講義、過去問、フィードバックを終えることだけを考え、ひたすら取り組んでいきました。しかしそれらの作業がとりあえず終わった時には、もう7月になっていました。ハイレベル答練はあきらめ、横断整理と直前総まとめ、模試、白書対策講座などを無理やり流して1回目の受験に望みました。

受験を振り返って

1回目の受験は、全てのカリキュラムをきちんとこなせないうちに受けるということになってしまいましたが、結果は労災の選択1科目が足きりにあいダメだったというものでした。正直なところ、1年目の私は基本マスター講座をできる限り理解できるように努めたという状態でしかなかったのですが、それだけで、全くの素人をなんとか勝負できる状態にまでしてくださったクレアールの指導力に驚きました。法律の名前さえ言えなかったのに、素晴らしい効率です。そして、この試験はこのまま勉強を続けていけば受かる試験だという確信を得ることもできました。その後、2回目は選択の社一でマークミスをして失敗、3回目は労一の選択が分からずで失敗と、結局4年もかかってしまいました。しかしそのおかげで、社会保険労務士としての知識のベースはしっかりとしたものになったと思っています。

おわりに

選択の1点に泣く、という状態が最初からずっと続くと、俗にささやかれる「勉強の手段が悪いのでは」という気持ちにとらわれることも正直ありました。基本的には同じ内容を繰り返しているから成長がないということなのだろうか、といった気持ちです。しかし冷静に問題をみてみれば、問題はそのようなことではなく、単に自分の理解があやふやであることが原因であることがわかります。この試験の範囲はとても広いので、ある程度の成果が出せているのであれば、勉強のベースは変えないほうが早く知識の肉付きをよくすることができるのではないかと私は思います。私が正確に習得していたら、クレアールのカリキュラムは、1年目の講義だけしか理解していない状態ですら、十分試験に受かることができる内容だった。4年前も今もそのように思っています。

北村先生、齋藤先生、そして事務局のみなさま、大変お世話になりました。ありがとうございました。この体験記が読んでくださった方にとって、少しでもクレアールでの受講のイメージが湧くものになれば幸いです。

以上

 

Return Top