Read Article

「何度も同じ教材を繰り返すことが合格への早道!」 Y・Hさん

 

Y.Hさん

受験回数:4回(内、お試し受験1回)

 

社会保険労務士を志した動機

現在勤務している会社に正社員で転職して11年。その期間内に3回(合計3年強)も産休を取ったとはいえ、同時期に中途採用で入った同年代DINKS同僚と2等級も差ができてしまいました。しかも専門性の高い部署についた同僚は着々とその分野のスキルを伸ばしていましたが、人事総務部でも総務担当に配属された私の仕事は主に雑用。毎日が同じことの繰り返しで、仕事から学べることはもうない状態でした。40代にしてこれでは近々リストラ対象になってしまうのではないか…と危機感を持ち、考えついたのが人事総務部に関連する国家資格取得。社会保険労務士試験の受験でした。

1年目と2年目

最初に思い立ったのは2015年の5月でした。ギリギリ受験の申し込みはできたのですが、試験までは3か月もありません。そこで2016年受験を本番と考え、来年受験用講座を申し込むと今年受験用テキストやDVDが無料で貰えるという他社の通信講座を利用しました。

1回目受験は3人目の妊娠初期でつわり真っ最中。約2か月の学習で「選択式20・択一式27」。合格などには遠く及ばず、お試し受験は終了しました。
2回目受験は産休中。出産までは勉強をサボっていたため、出産後2週間目から4か月半の学習で「選択式31・択一式37」。どちらも基準点に満たない科目があり、勉強不足を痛感しました。

3年目からクレアールを選んだ理由

2回の受験経験と結果から、択一式の得点が伸び悩んでいること、選択式対策には各法のもっと詳細な内容の暗記が必要だということが分かりました。択一式の強化には問題をたくさん解くこと、選択式の強化には詳細なテキストをしっかり読み込むこと。この2点に焦点を当てて勉強することにしました。

クレアールは12月から答練が始まるので、比較的早い段階から初見の問題を解くことができます。テキストも分厚くて詳しい。しかも他社と比べて受講料が安価で、セーフティコースだと1年目の受験料も負担してもらえ、合格すれば翌年分受講料返金制度もあり。早期申し込みだとオプション講座も特典無料になり、正にいいことづくし。自己採点で2回目が不合格と知ってすぐ、お値段的に一番お得だと思われた「上級スタンダードセーフティコース」に申し込みました。

そして、2017年の結果は「選択式34・択一式54」。択一式の点数がしっかり伸びていて、勉強の方向性としては正しかったことが分りました。ただし選択式の労一が2点で基準点割れ。救済を待ちましたが、この1点に泣き、見事不合格となりました。

4度目の正直もクレアールで

3回目が自己採点で救済待ちと分かった時点で、すぐに次の試験に向けての勉強を開始しました。すでに「セーフティコース」を申し込んでいたので、翌年4月頃にハイレベル答練が始まるまでに完全過去問題集とテキストが配布されることは知っていました。しかし、12月からの答練マスターもまたやりたいなと思っていたところ、セーフティコースのリフレッシュスタート制度をご案内いただきました。現行のセーフティコース2年目を新たなセーフティコースの1年目に変更することができ、しかもまたもやコース1年目となる2018年受験料を負担していただけ、合格すれば2019年用受講料の返金あり。早期申し込みだと無料オプション講座が目白押しで、あまりの良心的すぎる対応に「クレアールさんの経営は大丈夫なのか?」と心配するほどでした。

4回目の自己採点結果は「選択式34・択一式56」で基準点割れなし。択一式の一般常識がギリギリの4点だったのでマークミスが心配で青くなりましたが、実際は特にミスもなく2018年はそのままの点数で合格になりました。

具体的な学習方法

正社員として週35時間勤務し、1歳から6歳の3人の子育て中。土日は子供たちが寝ている夜9時以降しか勉強はできませんし、平日は隙間時間を利用してなんとか学習時間を確保しました。

<平日学習スケジュール>
朝30~40分(電車通勤時間):テキスト読み込み 
昼 30~45分(ランチタイム):完全過去問題集/答練マスター/ハイレベル答練 
夕 30~40分(電車通勤時間):テキスト読み込み 
夜 20~40分(寝かしつけ時間):社労士合格クラブ/無料アプリ(一問一答)
夜 40~60分(9時~) :Web講義視聴(2倍速で1~2講義)

ざっくり1日2時間程度ですが、無料アプリで学習時間を記録管理し、毎日必ず勉強しました。平日だけでも1年で520時間勉強できます。加えて、夕食を作りながら、トイレタイム等でも、無料アプリや合格クラブの一問一答を解いたりしました。週末は夜だけでしたが、有休休暇や夜なべ等でもう少し総合学習時間は増やせたと思います。最終的にはクレアールでの2年間の学習時間は計1200時間になりました。

クレアールで良かった点

教材の良さや費用の安さはすでに書きましたが、とにかく講師陣がいいです。上級コースの講義はほぼすべてが斎藤先生でしたが、ほのぼののした人間味のある講義でとても癒されました。時間節約のために講義は2倍速で聞きましたが、事前にテキストを読んだり答練を解答したりしておけば、いつも問題なくついていけました。

最後に

日系企業勤務なので会社で日経新聞は読めますが、海外在住も20年目になるので、どうしても一般常識が弱く、他社の講義で補強しようと思ったこともありました。統計問題は運もあったと思いますが、結局はクレアール1本で合格できました。自分の選んだ講座を信じて何度も同じ教材を繰り返していくことが、合格への早道だと思います。

 

 

Return Top