Read Article

「効果的なサポートを得ることが合格への近道」 M・Sさん

 

M・Sさん

受験回数:4回(内、お試し受験1回)

 

社会保険労務士を志した動機

私は勤務する会社において人事労務や総務業務を管理する立場にいましたが、専門知識は残念ながら心もとないものでした。その道に明るいベテラン従業員に頼っていたのですが、その者が数年後に定年退職を迎えることに危機感を覚え、そうした状況を打破するには自ら専門知識の向上が必要だと判断し、社労士の資格取得を目指すことにしました。働き方改革が声高に叫ばれつつある状況もその思いを強くしました。

クレアールを選んだ理由

2015年の最初の受験は、申込期限ぎりぎりに本受験の日程等を知ったぐらいで殆ど勉強せずにまさにお試しで結果は散々でしたが、雰囲気や感触は掴めたのでそれなりに勉強すれば何とかなるという驕りの気持ちを抱いてしまいました。

2016年は、勉強を始めるのが早過ぎると忘れてしまうので短期間で集中して勉強すればいいとの愚かで甘い考えから、ある資格学校の市販教材を約半年間で一読しただけで臨んだところ、当然の結果としてあえなく惨敗しました。

2017年は、独学では合格までに長期間を要すると思われ、ある程度短期間での合格を目指すのであれば、やはり資格学校通学か通信講座受講を活用すべきとの考えに基づき、試験会場の近くで配布されたパンフレットやWEBサイトで、勉強できる時間の確保における効率性・柔軟性、先生方・講師陣の試験や資格に関する考え方、講義の聴き易さ、教材の充実度・見易さ、価格等の点を数社間で比較したところ、クレアールの通信講座が最適だと判断し、お世話になることにしました。

この年の結果は択一で合格点に1点足りず涙を呑みましたが、このまま継続すればいつか必ずや合格できるとの確信めいたものを感じました。 そうして2018年本年もクレアールにお世話になり、晴れて合格することができました。

具体的な勉強法

2017年は、テキストやコンプリーションノート読み込みによる全科目の知識習得(実際にはあまり習得できていませんでしたが)を一通り終えてから過去問や答練マスターによる全科目の記憶確認(習得できていないものは記憶できていないということは言うまでもありませんが)を実施するという方法を採りましたが、直ぐ問題を解くことを通じて記憶の度合いを確認し、繰り返すことでその精度を高める方がより効果的な勉強法だと痛感しました。

したがって、2018年は年明けから約半年間で、先ずは科目毎にテキストやレジュメによる知識のインプットと過去問・答練による記憶のアウトプットを行い、次いで横断的な学習が効率的だとご指導いただいた複数科目毎、例えば労災保険法と健康保険法、国年法と厚年法等、に講義資料やコンプリーションノートの読み込みと過去問・答練の解答を繰り返しました。労働一般・社会一般以外は大体3回は反復しました。答練マスターでは斉藤先生のWEB講義を1.5~2倍速で通勤の行き帰りに苦手な科目を中心に繰り返し視聴しました。

直前期約2ヶ月間は、過去問と答練で何回も間違えた問題の解答、横断・年金・法改正・総仕上げの各講義の資料読み込みを繰り返し行いました。

勉強に使用した教材はクレアールのテキストや講義資料のみで、あとは厚生労働省・全国健康保険協会・ハローワーク等のWEBサイトを適宜、確認を要する都度、参考にしました。

クレアールで良かった点

斉藤先生の声のトーンや話し方が私には合っていたこともあり、丁寧な説明による講義はたいへん分かりやすかったです。語呂合わせや時々恥ずかしそうに出すおやじギャグのような場面も楽しく視聴させていただきました。

コンプリーションノートは習得すべき内容がコンパクトに纏まっていて、とても使いやすかったです。また、法改正講義の資料の充実度は極めて高いとも感じました。

北村先生の横断・年金講義はやはり長年のノウハウ蓄積に基づくものと拝察でき、そのレジュメや図表は詳しすぎず、簡潔過ぎず、ポイントが押さえられ、そして分かりやすく記憶の整理や定着にたいへん効果的だと思いました。勿論、通信講座の価格がリーズナブルな点も見逃せませんでした。

最後に

受験される方の職務経験や立場、環境は人それぞれで勉強にかけられる時間も全く違うと思いますが、勉強して蓄積した知識やノウハウはちゃんと積み上がっていきます。短期間で多くを積み上げられた方もいらっしゃるでしょうし、仕事や家事等でそんなに多くを積み上げられなかった方もいらっしゃることでしょう。勉強するのはご自身ですが、クレアールの先生方や教材はその長い経験とノウハウでもって受験される方の知識の積み上げと受験スキルの向上のサポートを十分にしていただけるものと確信しております。
私もそのサポートにあやかった一人としてこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

Return Top