Read Article

「クレアールの講義・教材を信じて正解でした」 藤川 敏行さん

 

藤川 敏行さん

受験回数 1回(内、お試し受験1回)

はじめに

 一回目のお試し受検で合格できるとは思っていなかったので、感激いたしております。
ひとえに過去問を分析して練り上げられた講義と教材が素晴らしかったことに尽きます。付け加えるなら、試験直前にタイミングよく夏季休暇がとれ、集中して復習する時間が持てたこと、そして何より日頃の勉強時間確保のための家族の理解と協力のおかげです。どうもありがとうございました。

社会保険労務士を目指した動機

 昨年、50歳から50歳代半ばの職員を対象とする生涯設計セミナーに、ぎりぎりの55歳で参加した時、あまりにも年金関係の話がちんぷんかんぷんで・・・、同年代の方たちに比べ、退職後のことをほとんど考えていなかったことを思い知らされ、愕然としました。自分自身の定年後の生活を考えるためにも社会保険の知識を得るべく、社会保険労務士を目指すことといたしました。

クレアールを選んだ理由

 お試しで受講した北村先生の講義が他社の講義よりも大変わかりやすかったことが最大の理由です。そして、過去問分析を中心に教材が作成されているため無駄がないと感じたこと、PC、タブレット、スマホと様々なツールで受講できるので、通勤時間や昼休みの散歩時間等の隙間時間の有効活用が図れるだろうと思ったこと(通勤電車の中で複数社お試し受講をしましたが、最もレスポンスよく安定して受講できました)、リーズナブルな価格設定だったことです。

また、一回で受かるとは考えていなかったので、受講したのは「一発合格ストレート15カ月セーフティAコースweb通信」でオプションでDVDもお願いしました。だめだった場合は「安心保証プラン」でもう1年受講でき、さらにだめだった場合は法改正部分以外はDVDで勉強するつもりでおりました。こうした、保険的な制度は、大変魅力的でした。

今回、この制度を発動せずに済んだのは、講義と教材の良さのおかげだと思っております。加えて、合格お祝い金と未受講分返金の制度があることについて、ことのほか、妻が喜んでおりますことを報告いたします。

学習法

 講義の中で北村先生がおっしゃっておられますが、ともかく、繰り返し講義を受講し、過去問を解くことだと思います。

 私の場合、通勤に公共交通機関を利用しており、片道1.5時間弱だったので、平日は通勤の往復2時間をタブレットで受講、昼休みの散歩時間30分をスマホで聴講、土日祝は、その週の受講分の講義を1.5倍速で受講し、テキストを音読してから過去問を解きました。

 年齢も年齢なので、1回で覚えられるわけもなく、ともかく、各科目を最初から最後まで繰り返し受講し、過去問を繰り返し解くことを心がけました。2巡目以降は通勤時間中は1.25倍速で受講し、試験着前までに各科目4~5巡はしたと思います。

 また、幸い試験直前の1週間、夏季休暇が取得できましたので、斉藤先生のハイレベル答練講座と直前総まとめ講座を繰り返し学習しました。
そして、試験当日は会場までコンプリーションノートを持っていき、ぎりぎりまで復習しておりました。

今年の受験を振り返って

 2年前にぜんそくになってしまい、なかなか治らず、苦労しました。学習法でも記載しましたが、私の場合、テキストや問題集を音読して、理解しつつ記憶するという作業をはさんで勉強しておりますので、発作が出ますと、中断されてしまい、なかなか効率が上がりませんでした。受験中もせき込んでしまいましたので、まわりの受験者の方々には多大なるご迷惑をおかけしたかと思います。申し訳ございませんでした。

 反省点としては、せっかく7月にクレアールから公開模擬試験が送られてきたのに、講義と過去問の復習で手いっぱいで、実施しなかったことです。このため、ぶっつけ本番となってしまい、試験中の時間配分がよく判らず、択一試験では後半時間が足りなくなり、見直すことができず、かなり焦りました。

さいごに

 試験は水ものです。ともかく諦めずに、時間いっぱいあがくこと。午前中の選択でミスしても、午後の択一まで引きずらないことです。

 また、試験前になると、市販の教材が気になり、あれもこれもと手を伸ばしたくなると思いますが、クレアールの講義と教材だけで十分に合格点は取れます。クレアールを信じて、がんばってください。

 

Return Top