Read Article

「勉強、繰り返し、習慣化がとても大切」猪瀬 耐さん

 

猪瀬 耐さん

受験回数:3回

社労士を目指したきっかけ

バリバリの理系で研究開発の仕事をしていますが、ぜんぜん違う分野で自分の強みを作ろうと思ったのが始まりです。
ニュースでも社会保障が・・・とか頻繁に取り上げられるし、親も年金もらう世代になった。興味はあるが、保険料は毎月給料から結構な額引かれているのによく知らない。今からでも遅くない、学んでおけば必ず自分の役に立つと思ったから社労士を目指しました。

 

クレアールを選んだ理由

なんといってもセーフティーコースがあったことです。全く基礎知識のない私にとっては1年ではちょっと不安があったため非常にありがたかったです。それに投資が無駄になるリスクも低くなりますし、早期申込でかなりの割引があったというのも魅力でした。

また、サンプル講義やテキストを見て、とても分かりやすく、自分と相性が良いと思ったからです。

 

具体的な勉強法

・スケジュール管理

勉強スケジュール専用に手帳を買ってきて、年間スケジュールをみて、講座が配信される日を記入していきました。そして、直近の2週間ぐらいまでを一日ごとに何をやるか細かく勉強スケジュールを立てていきました。仕事の影響や予期せぬことが起こる可能性も考慮してぎちぎちにせず少なくても1日は余裕を持たせました。

あとは自分の立てたスケジュールをひたすらこなして、勉強を進めていって不安が残るところは翌週以降のスケジュールに盛り込んで反復演習を行いました。
初めはスケジュールをこなすことが目的みたいになってしまいましたが、やっていくうちに慣れてきて、習慣的に勉強することが身に着きました。試験が終わった今はやることがなくなって逆に落ち着かなくなってしまうほどです。(笑)

・勉強法

全くの初学者だったので初めのころは分からないことがたくさんありましたが、分からないところは付箋で目印をつけて後から確認できるようにして、足を止めることなく講義を聞いて前に進めました。そして間をあけずに講義を聞いた部分の過去問を解いていきました。
講義と過去問が1周したところで、ウェイトを演習に置き、答練、過去問をひたすら解いていきました。問題の間違えた個所は✓をつけて、単なる正誤ではなくなぜ違うのかをテキストに戻って調べることを行いました。2周目以降も間違えたところには✓をつけて、✓の数が多い問題が自分の苦手部分ということで特に力を入れて復習しました。

試験直前期には改正部分や白書部分に力を入れつつ、記憶を風化させないように各科目の問題を解いて常に脳に刺激を与えていました。忘れる前に繰り返す、記憶することも重要ですが体で慣れることも重要だと思います。

 

本番試験に対する対策

・本試験は夏の暑い時期なので体調管理に注意を払い健康維持。

特に睡眠には気を使いました。朝からフルパワーが出せる生活リズムが大切。

・試験会場には沢山の人がいて、雰囲気にのまれないように自分なりのリラックス法を見つける。

自分の場合、開始直前まで好きな音楽を聴いていました。周りがテキストを確認していても気にしない。

・試験の進め方

試験の解き方は人によりさまざまかと思いますが、自分の場合、労働基準法から始め、問題の前にまず〇の物を答えるのか×の物を答えるかを目立つように書いてから解きました。そして一科目が終わったところでマークシートへ記入していきました。意外とマークするのも時間がかかります。

労働関係が終わったところでリフレッシュも含めてトイレ+ドリンク(ブドウ糖の入ったスポーツドリンクがおすすめ)をはさみ、後半の社会保険関係を解いていきました。

・常に時間を意識してつまずいてもとりあえず解き進める。(特に択一)

自分の場合、時間が足らないということはありませんでしたが、後半は疲れがたまってくるので特に注意が必要だと思います。また、せっかく答えてもマークミスはとてももったいないので、2回以上ミスがないか確認しました。また、見直しで回答が変わる場合はよっぽどの理由がない限り最初の答えを採用しました。

 

今年の本試験を振り返って

今年は正誤数を問う問題が多く、苦戦しました。試験直後は手ごたえもなく、今年もダメかも、来年はモチベーションを維持できないなと思っていました。でも、とりあえず回答速報も出ているし、答え合わせしてみるかと行ったところ、まさかの基準点すべてクリアの合格圏でした。手ごたえがなかっただけにびっくりしました。ただ、普段では間違えないような問題を数問間違えていたので、もったいないことをしたと悔しく思いました。

 

最後に

試験勉強を行う自分を支えてくれた家族に本当に感謝です。

ただ、「今日はパパ勉強しないの?」とか子供に言われたりもしたので、子供にいい刺激を与えられたのかもしれません。
ようやく今年でベテラン受験生から卒業生となりましたが、これからも常に法改正などに気を配り、生きた知識として維持していきたいと思います。

 

Return Top