Read Article

通信講座に不安を感じる方へ~最後まで学習を続けるために

通信講座に対して、「最後まで続けられるか不安」というイメージをお持ちの方は少なくないようです。

そうした方々に、なぜ通信講座では続けにくいと思うかをお聞きすると、「モチベーションを維持するのが大変そうだ」「自分に甘えてしまいそうだ」という答えが返ってくることも少なくありません。
実際に通信講座で失敗した経験をお持ちの方からも同じ答えをいただくことがありますが、本質的な原因は別にあると考えられます。
通信講座でも最後まで学習を続けるために大切なことを、ここで「本質的な失敗の原因」をもとにお話しさせていただきます。

通信講座でよくある失敗

ある通信教材を申し込んだAさん。最初はやる気に溢れ、「せっかくお金を払ったのだから頑張ろう!」と意気込んでテキストを開きました。
 新鮮な気持ちでチャレンジを初めてから1週間、2週間と時間が経過していくと、徐々に学習に慣れていき、同時に若干の「飽き」も生じてきます。
急な用事でいつもより学習が進まなかったり、やる気が起こらなくなってしまうことも増えてくると、学習をしていない期間が少しずつ増え、気が付くと10日以上テキストを開いていなかったAさんは、慌てて学習を再開しますが、少し進めてはまた中断の繰り返し・・・。
数か月後には完全にテキストを目にすることもなくなり、数年が経ったところで彼は、「そういえば通信で勉強していたことがあったなあ・・・」と思い出しました。
典型的な通信講座の失敗例ですが、これは「挫折した」ということではなく、むしろ中断したままの状態が続いているという表現が正しいでしょう。(いずれにしても同じことですが)

なぜ、彼のやる気は続かなかったのでしょうか。通信講座だから続かなかったのではありません。また、彼がやる気のない人間だったからでもありません。彼は「やる気まかせの学習」をしていたから、最後まで続かなかったのです。
人間のやる気は不安定なもので、上がったり下がったりの繰り返しですから、やる気を頼りに最後まで学習を続けるのは至難の業と言えます。つまり、大事なことは「計画的に学習をする」ということに他なりません。

最後まで続けるためには「計画性」が大切

計画というと、難しく考えてしまう人もいるようですが、複雑に考える必要はありません。

「1年後の試験に合格しよう」

このような目標を持ったとしても、具体的に何をすべきかがまったくわからないため、実行に移すことができないはずです。
では、仮に「1年間で合格を目指す場合は、年間800時間程度の学習時間が必要だ」と言い換えた場合はどうでしょう。
数字に置き換えただけでは、まだ何をすればよいのかわかりませんが、年間で800時間を12か月で割ってみると、1月あたり66時間になり、4週間で割れば1週間あたり16時間となります。
こうするとどうでしょう。「1週間に16時間」というサイズまでやるべきことを細かくしていくことで、何をすべきかがイメージでき、それが週単位での「ペース」となります。
1週間の中でやるべきことを決めておけば、それは立派な計画となり、あとは週の中で、どこで時間を使うのかを決めれば、学習を「習慣づけ」していくことにもなるのです。
「計画」とは、大きな目標を達成するために、実行可能なレベルでやるべきことといえますので、誰にでも無理なく作る事ができるものなのです。

公務員試験の場合は受験先によりますが、科目によって優先順位があるため、ペースと併せて「どんな科目から進めるか」という要素も含めた学習計画を立てていくことが必要となります。

計画的に進めることのメリット

計画的に学習を進めることは、実際にこのようなメリットがあります。
例えば、「1週間に5回のペースで講義を履修しよう」と決めた場合、週単位で何をどこまでやるべきかがわかるだけでなく、実際に進めた時に目標通り5回履修できれば、少なからず達成感を感じる事ができます。
目標に向かって着実に前進している実感もあるため、「この調子で来週も頑張ろう」と思うことができるはずです。
この「小さな達成感」を毎週感じる事は、モチベーションを維持する上で非常に効果的であり、その積み重ねが結局は大きな目標を達成するための力をつけていくことになるのです。
逆に、体調が悪くて計画通り進まなかった場合はどうでしょう。「5回進める予定が3回しか進められなかった」ということは、2回分の遅れが出たということです。
そうすると、その遅れを翌週取り戻すか、そのまま全体的に遅れたままでもいいと考えるかを判断することもできます。
やる気に任せた学習と違って、「計画」という基準があると、週単位で基準に対しての進行状況が把握できることが何よりも大きなメリットになります。

通信講座は利便性が高い一方、やり方を間違えるとメリットが逆効果を生んでしまう学習スタイルです。だからこそ、計画性を持つことが必要不可欠であり、計画的に進めることで通信講座の良さを最大限に引き出すことができるものとお考えください。

◆クレアールなら計画的に合格を目指せます

理屈はわかっていても、どのように計画を立てればよいか、また、遅れが出た時にどうすればよいかという悩みは尽きないものです。
公務員試験のように学習する科目が多い試験は、一人で判断しながら計画を立てることが容易ではないとも言えますが、クレアールではそうした学習計画作成と運用について、専任講師陣が個別アドバイスを行うことで、無理なくムラなく自分のペースで合格を目指すことができます。
通信専用スクールだからこそ、通信でも最後まで続ける事ができるサポートを行い、皆様が合格を勝ち取られるまでのナビゲーションを行います。
ぜひ、一人で悩まずにクレアールのサポート制度を利用して、無理なく無駄なく計画的に合格を目指してください。

Return Top