Read Article

合格体験記(国税庁[経者枠])S.Nさん

内定先
国税庁(経験者枠)

公務員を志望した理由

私は10年間にわたる経理経験の中で国税調査を受けたことがあり、当時からその専門性の高い業務に興味を持っていました。その後、民間企業の経理部門で働 いているうちに、これまでに培ってきた会計・税務の知識・経験を最大限に活かせる公務、とりわけ国税業務に携わりたいと思うようになったのが理由のひとつ です。また長年、国税調査を受ける立場として仕事をしてきましたが、逆に調査をする側の仕事も経験してみたいと考えるようになったことも国税専門官を目指 すきっかけでした。

クレアールを選んだ理由

クレアールでは以前に、宅地建物取引主任者の受講経験があり、講義内容が非常にわかりやすく、合格することができた為、今回もクレアールを選びました。

クレアールのよかったところ

事前の受講相談において、合格へのプロセス、仕事との両立方法を具体的にイメージできたことや、その他様々な不安要素を取り除いてくれたことが良かったで す。また面接対策では、実践形式での練習とともに、合格の為のノウハウ等、的確なアドバイスを適宜いただくことができ、面接本番に向けての事前準備を万全 にすることができた点が非常に良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法

現職で仕事を続けながら公務員試験を受験していると、果たして合格できるのかという不安に陥る時があります。私が不安だった時期は第2次の面接・政策課題 討議試験の時でしたが、もう一度初心に戻り自らの経験を振り返るとともに、自分の強みや長所を深く考え、具体的な経験と合わせて語れるよう整理することに より、面接突破の自信へとつなげました。

面接試験対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと

面接では自己PRと過去の具体的な経験を結びつけ、いかに説得力をもって話せるかがポイントのひとつだと思います。その為に私は常日頃、ただ漫然と業務を こなすだけではなく、課題や問題点、それらの解決策を強く意識しながら仕事を進めるよう心掛けることにより、自らの実力が備わるとともに、自分の強みを自 然にアピールできるようになると思います。また、それらを簡潔に話す力も重要であり、その為にはクレアールの面接対策などでアドバイスをいただき、修正し ていくことが必要だと思います。

最後に

私が受験した経験者採用試験では民間企業での経験についての質問が大半でした。従って日々、問題意識を持って業務に取り組むことや、他部署と積極的に連携 をとり、コミュニケーション力を養う等が大切だと思います。その一つひとつの努力を積み重ねることにより、面接本番でのイレギュラーな質問にも的確且つ臨 機応変に対応できる能力を養うことができると思います。決して日々の業務をおろそかにせず、色々なことを学び、吸収し続けることが大切です。

Return Top