Read Article

内定までの流れと試験内容

出願から内定までの流れ

(※1)教養択一試験は、国家公務員試験では「基礎能力試験」と呼ばれます。
(※2)専門択一試験・専門論文試験は、受験先によって実施されない場合もあります。
(※3)志望先によって面接形式は異なります。
(※4)官庁訪問は、国家一般職・総合職のみです。

試験内容

択一試験

教養択一試験 (基礎能力試験)

専門択一試験 (行政職の場合)

※その他「会計学」「商法」「心理学」「教育学」などもあります。
※専門試験の出題分野は、心理職、福祉職、技術職などの受験職種によって異なります。

記述試験(論文試験)

教養論文試験

一般に小論文といわれる試験がこれで、ほとんどの事務職や公安職の試験で課されています。時事的なテーマだけでなく、日常生活における心構えや公務員として取り組む姿勢など様々な観点からの出題が見られます。試験時間は60分〜120分、文字数は600字〜1200字程度と試験により異なります。

[例題] 特別区Ⅰ類 2015年度本試験
人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくいという現実に直面しています。誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て、介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう仕事と生活の調和が求められています。このような現況を踏まえ、ワークライフバランスの実現に向け、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

専門論文試験

専門科目について論文試験が課される場合があります。択一対策が一通り終わったら、出題されそうなテーマをいくつか選んで解答例を作成しておくと良いでしょう。試験により解答時間や文字数が異なるので、受験先に応じて準備しておくことが大切です。(専門記述と呼ばれることもあります。)

[例題] 東京都Ⅰ類B(行政・一般方式) 2015年度本試験
  • 国政調査権の意義、性質、範囲と限界について説明せよ。(憲法)
  • 生産物市場における独占企業の価格及び生産量の決定について、完全競争市場との違いに言及しながら、図を用いて説明せよ。(経済学)
  • 行政組織におけるラインとスタッフについて説明せよ。(行政学)

人物試験(面接試験)

人物試験の様々な形式

[個別面接]
面接官3名(場合により2〜7名)と受験生1名で行われるもっとも一般的な面接試験です。一般的にどのような試験においても必ず実施される形式で、志望動機やこれまでの経歴、自己PR、人間関係などについて様々な質疑応答が行われます。
[集団討論]
グループワーク、グループディスカッションといった呼び方もしています。提示された課題に対して複数の受験生がグループで討議を行います。
[集団面接]
複数の受験者と面接官で行われるタイプの面接試験です。面接官から指名されて質問に答えるパターンもあれば、挙手制のパターンもあります。

受験先別試験概要

公務員試験は、受験先によって試験の内容が異なります。代表的な試験の概要をここで一覧にしていますのでご参照ください。

受験先別試験概要(PDF形式)を見る

 

Return Top