Read Article

非常識合格法

学習範囲を広げすぎない、それが合格への近道

本試験の膨大な範囲から「合格必要論点」を抽出

合格必要得点範囲

公務員試験は、一般的な資格試験と比較しても出題科目が多く、膨大な出題範囲を擁する試験といえます。しかしながら、これらをすべてマスターしなければならないという"常識的"な考えは不合格を招く危険性を孕んでいます。クレアールの学習コンセプト「非常識合格法」は、「膨大な出題範囲から、いかに要領よく得点できるか」に主眼を置き、徹底した過去問分析により、得点率の高い論点(合格必要論点)を徹底的に学ぶことができる講義をおこなっています。

一般的なスクールの指導法 vs クレアールの非常識合格法

独学であれ通学講座や通信講座での学習であれ、公務員試験の合格を目指すにあたって取り組まれている学習法は、本試験で出題される可能性のある論点をすべて網羅的に学習していこうとする「知識偏重型」のスタイルが一般的です。この「知識偏重型」スタイルの学習のポイントは、過去の出題論点を全て同じ時間配分で学習し、どんな問題が出題されても万全、といった対策を行っていくこと。そして、この先には上位合格というプラスアルファの結果も待っています。しかしこれは、取り組むべき学習科目数が多く、またこれまで学習したこともないような科目まで学習しなければならないことの多い公務員試験の場合、時間的にも経済的にも負担が大きく、また繰り返し学習による知識定着化の時間確保も難しく、あやふやな知識のまま試験に臨み、残念な結果を招いてしまうといった、努力のわりには得られる利益・結果が少ないという事態が生じる、ハイリスクハイリターンの学習法でもあります。

これに対してクレアールでは、どなたでも安心して学習を最後まで続けられ、確実に合格していただけることを学習のコンセプトに、長年の受験指導経験から、3年~5年のサイクルで出題されるテーマを確実に正答できれば必ず合格を得られるという分析から、これを「合格必要論点」として、この論点を、①短時間で知識習得ができる基本講義、②一対一対応での細切れ演習による知識活用の効率的なトレーニング、③試験までに誰でもが少なくとも各論点3回は学習の繰り返しができる時間確保を可能とするカリキュラムと教材で、さまざまな角度から高速高回転での学習を可能とし、短い時間で高い合格力を醸成していく目的で、新しい学習法を開発いたしました。それが「非常識合格法」です。

 

段階的カリキュラム NEW

「非常識合格法」のコンセプトから生まれた「段階別カリキュラム」で
志望先別・理解度別の学習が実現!

合格コンセプト「非常識合格法」の発想によって、膨大な範囲から合格に必要とされる論点の抽出だけでなく、それらの論点をレベルや試験種によって段階別に分類したカリキュラムの構築を実現しました。これにより、誰もが受験先を問わずに履修すべき内容を軸として、苦手意識を感じやすい分野については基礎の基礎レベルで学べるプログラムや、試験によって求められるハイレベルな内容、または得意科目でプラスの得点を狙うプログラムを、一人ひとりの志望先や適性に合わせて学ぶことが可能となります。

画一的なカリキュラムの場合...

併願先や学習レベルを問わず一本化されているため、誰もが膨大な分量の講義をすべて履修しなければいけないようになっている。そのため、場合によっては受験先に必要のない分野まで手をつけてしまうこともあり、学習負担が増大してしまうことも...。

画一的なカリキュラムの場合

クレアールの段階別カリキュラムの場合...

苦手科目は、基礎の基礎に戻って克服する!
志望先に対応した学習ができる!
伸ばしたい科目は、さらに高得点を目指せる!
インプットだけでなくアウトプットも理解度別に対応!

カリキュラムがレベルや志望先に合わせた段階別となっているため、受講者各個人が自身の必要性に応じてカリキュラム内の講座を選択できる。カリキュラム内の講座すべてを履修しなくても効率的学習が可能。

クレアールの「段階別カリキュラム」

段階別だから効率的! 学習分量を軽量化できる!

 

合格必要論点のテーマ学習

1. 膨大な範囲から合格に必要なテーマだけを学べる

クレアールでは、徹底した過去問分析により、試験に出るテーマ(合格必要論点)を絞り込み、抽出しました。学習するテーマは「シラバス表」に記載されるため、これから学ぶ内容を事前に知っておくことや、学習後に振り返って復習すべきテーマをすぐに発見することもできます。

2. テーマ内でも頻出テーマを抽出

シラバス表に記載されたたテーマの中でも、さらに本試験合格に必要な論点を絞り込んでいます。これにより、科目が多く範囲が膨大な公務員試験においても無駄を省いた効率的学習が可能となります。

3. テーマごとに試験の出題頻度がわかる

本試験での出題頻度が、テーマごとにA〜Dレベルでわかるようになっています。全範囲を網羅するのではなく、そこから出題頻度の高いテーマを優先して学習することが効率的な学習のポイントです。

Return Top var _exsamhost=(("https:"==document.location.protocol)?"https://":"http://");document.write(unescape("%3Cscript src='"+_exsamhost+"analyzer5.info/js/ca.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); _exsam_analyzer.tracking({analyzer_id:'14'});