Read Article

あなたが受験できる公務員試験は?

公務員試験の受験資格について

公務員試験は、受験先によって「受験資格」が異なるため、受験される人によって受験可能な試験も異なります。 受験資格は年齢のみを要件とすることが多く、学歴は不問とされていることがほとんどです。
ここでは、大まかなところで様々な試験区分の違いをご説明したいと思います。

概ね17歳から20歳までの方は「地方初級」「国家一般職高卒程度」などの『高卒程度区分』
21歳から29歳までの方は「地方上級」「国家一般職大卒程度」などをはじめとする『大卒程度区分』
30代以降の方で職務経験年数を5年程度お持ちの方は『社会人経験者採用枠』

以上のように、一般的には年齢によって受験に適した試験区分がありますが、これらはあくまでも「原則」です。公務員試験はこの原則から外れてしまうケースがあまりにも多いため、受験資格については常に「例外」がつきものであるという視点を持っておくことが必要となります。
その上で、主な採用試験の受験資格についてまとめたデータをご覧いただければと思います。

[受験先別の概要]
国家公務員の場合
国家公務員にはいろいろな試験種、採用先があります。
・国家総合職(院卒区分、大卒区分)…30歳まで
・国家一般職(大卒区分)…30歳まで
・国家専門職(国税専門官、財務専門官、法務省専門職※など)…30歳まで
※法務教官(社会人区分)は40歳まで
・裁判所総合職(院卒区分・大卒区分)…30歳まで
地方公務員(県・政令市)の場合
大卒程度の区分(いわゆる“地方上級”)…自治体ごとに異なる。まとめページへ
高卒程度の区分(いわゆる“地方初級”…概ね20歳まで
社会人経験者区分…自治体ごとに異なる。まとめページへ
地方公務員(市役所)の場合
大卒程度の区分…自治体ごとに異なる。まとめページへ

公務員試験の基礎知識

公務員試験は試験の仕組みが非常に複雑で、インターネット内でも膨大な情報が溢れているため、情報を探すスキルがないと学習スタートが大幅に遅れてしまうこともあります。
ここでは、公務員試験のことを知る上で基本的な知識をお持ちいただき、情報収集のストレスを少しでも和らげていただこうと思います。

試験区分~名称は千差万別
前述のように、試験区分には「高卒程度」「大卒程度」「社会人経験者」といったものがありますが、受験先によって呼び方も異なることはご存知でしょうか。
高卒程度の場合は、「初級」「Ⅲ類」「Ⅲ種」「B区分」大卒程度は「上級」「Ⅰ類」「Ⅰ種」「A区分」という名称を用いることがあります。そのため、例えば現役大学生の方が関東圏内の自治体で試験情報を検索していたら「東京都には"Ⅰ類A"と"Ⅰ類B"があって、特別区は"Ⅰ類"?神奈川県が“Ⅰ種”で埼玉県は“上級”・・・一体どうなっているの!?」と混乱してしまうことも少なくないようです。
結論から言えば、これらはすべて同じ「大卒程度区分」なのですが、東京都Ⅰ類に関してはB区分が一般的な大卒程度、A区分は大学院卒程度という位置づけになっているなど、さっそく“原則”から外れてしまっています。
Ⅱ類は「資格免許職」を指す区分とされることが一般的です。

◆職種~仕事の種類
採用試験には年齢による区分だけでなく、様々な募集職種があります。
公務員の業務は事務職が中心ですが、それだけでなく“技術職”、“心理職”、“福祉職”などの専門職や、警察官・消防官に代表される“公安職”、または保育士・栄養士・保健師などの“資格免許職”などもあります。さらに言えば、技術職の中にも「土木」「建築」「機械」「電気・電子・情報」「化学」「農学」など、幅広い区分で採用を行っているため、どこを志望するか?という志望先については「○○県の大卒程度で技術職の土木区分を受験する」といった形で区分と職種を明確にしておくことが必要となります。
専門職の募集は原則、大卒程度が中心となっていますが、高卒区分や社会人経験者区分で行われることもあります。

参考までに、試験区分と職種が自治体の中でどのように分けられているか、東京都、特別区(東京23区)、横浜市を例にまとめたものがありますので、以下のページもご覧ください。

▼採用区分~公務員試験の入り口

併願~受験チャンスを広げる
受験資格があれば、複数の試験にチャレンジできるのが公務員試験です。
試験は例年、5月頃から秋口まで行われているため、その中で日程が重ならなければ「併願」することができます。そうすることによって第一志望の前に本番の感覚を掴んでおくことや、万一の場合に第二、第三志望を用意しておくことなどができます。

▼職種別併願パターン

試験情報の探し方
インターネットで試験情報を探そうとしたけれど、何を見ればいいかわからない、または自治体のホームページを見たものの試験情報が掲載されていないといったケースも少ないありません。そこで、試験情報の探し方について大事なポイントをお話させていただきます。

➀何を見ればいいかわからない場合は・・・
何を探しているかにもよりますが、基本的には試験を行っている団体のホームページを見ていただく事が一番です。国家公務員の場合は、人事院のホームページに情報がまとめられているため、ここを抑えておけば問題はありませんが、地方自治体のホームページは、取り扱っている情報が多いため、試験情報を見つけるのが難しいと思います。そういった時は、「○○県 職員採用」といったキーワード検索をしていただくと、自治体ホームページの中の試験情報ページが見つけやすくなります。

②試験情報がなくなっている場合は・・・
試験案内は実施の2,3か月前から発表されることが多いため、検索をした時期によってはまだ情報が出ていないこともあります。そうした場合は、過去の募集案内などがサイト内に残っていることもあるため、前年の情報を見て参考にしておくこともおすすめです。ただし、市町村単位の自治体は試験実施後、すぐに情報を消してしまうことがあります。

クレアールでは毎年の試験情報をまとめたページをご用意していますので、こうした情報ページもご覧ください。

しかしながら、こうした情報収集の方法を知っても、なかなか自分に合った試験を見つけるのは簡単ではありません。
クレアールでは、受験先や併願プランなど、一人ひとりの状況やお考えに合わせた個別アドバイスを行いながら、公務員試験に関する疑問の解消をいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

役立つ情報満載の資料を無料でお送りいたします。
メールで受験・学習に関する無料相談ができます。
校舎(東京・水道橋)で個別相談ができます。
▼お電話で無料相談ができます。
フリーダイヤル:0120-59-4153
受付時間:平日・土曜 11:00~20:00 土日・祝日11:00~17:00

相談実績2,000件以上の公務員専属アドバイザーがご対応させていただきます!

Return Top