Read Article

埼玉県で働く公務員になる!

埼玉県の県章

埼玉県は関東平野の内部に位置する内陸県で、東経138度42分から139度54分、北緯35度45分から36度17分に位置しています。東西に約103km、南北に約52km、面積はおよそ3800平方キロメートルで、山地面積がおよそ3分の1、残りの3分の2を平地が占めています。この広さは国土の約100分の1に当たり、全国で39番目の大きさとなっています。主な河川は、秩父山系を源とする荒川と、“坂東太郎”の異名を持つ利根川です。気候は、夏は蒸し暑く、冬は乾燥した北西の季節風が吹く日が多いのが特徴です。風水害は比較的少ない一方、全国的に見ても快晴日数が多く、暮らしやすい気候です。

【県 章】 まが玉16個を円形にならべたもの。まが玉は、古代人が装飾品などとして大切にしたもの。埼玉県名の由来である「幸魂(さきみたま)」の「魂」は、「玉」の意味でもあり、まが玉は、埼玉県にゆかりの深いものとなっている。また、まが玉を円形に配置したデザインは、「太陽」「発展」「情熱」「力強さ」を表している。県旗は県章を白地に赤く染め抜いたもので、昭和39年9月1日に制定された。

埼玉県職員になる!

[採用区分]
■上級(大卒程度)
■初級(高卒程度)■民間企業等職務経験者区分

[上級試験概要]
主な募集職種:一般行政、福祉、心理、設備、総合土木、建築、化学、農業、林業、小中学校事務、警察事務
試験実施時期:6月下旬

埼玉県の試験タイプは「地方上級関東型」ですが、教養試験はやや変則的な出題形式となっています。小中学校事務区分のみ、専門試験が実施されないため、一般的に教養+専門タイプで行われることの多い地方上級試験実施日の中で、教養対策のみで受験可能となります。

さいたま市(政令市)職員になる!

[採用区分]
■大卒程度
■高卒程度
■民間企業等経験者

[大卒程度試験概要]
主な募集職種:行政事務、福祉、土木、建築、電気、機械、農業、精神福祉士、学校事務、消防

試験実施時期:6月下旬

教養試験は一般知能分野、現代社会問題、市政問題が30問必須解答、一般知識分野(社会科学、自然科学、人文科学)は25問中10問の選択解答となっており、専門試験は刑法が出題されず、教育学、社会福祉概論が出題されています。教養・専門とも独自性があるため、試験タイプは「地方上級全国型変形タイプ」と呼ばれています。

埼玉県の市役所職員になる!

埼玉県内の市役所試験は、ほとんどの市が「C日程(9月中旬)」「教養試験のみタイプ」であるため、専門試験の対策をしなくても、ほとんどの自治体を受験できる一方、日程が重なっているため併願パターンが限られているという点に特徴があります。

市役所試験実施データ

 

Return Top