Read Article

合格体験記2017速報版 D.Hさん(川崎市福祉区分合格)

D.Hさん 最終合格先:川崎市(福祉区分)

公務員を志望した理由
社会人1年目の際に公務員の方と業務提携を行い、知識豊富な方がとても多く、私もこのような知識を持った職員になりたいと思ったことがきっかけでした。当時は社会人1年目ということで、自組織の業務を覚えることで手一杯でしたが、仕事が慣れてきて視野が広くなったときに、公務員を本格的に志しました。

クレアールを選んだ理由
はじめに独学で公務員を目指しましたが、試験範囲が幅広くどの部分をどの程度深めて良いのか不明瞭で困難を極めました。結果は案の定1次試験落ち。それでも諦められず1年間再び独学での学習を続けましたが、社会人ということもあり、試験情報を共有する友人もおらず、モチベーションを保つことも容易ではありませんでした。そこで本格的に仕事を続けながらでも公務員試験を目指すことが出来、他の予備校と比較した際に低価格だったことが決め手でした。そして、極めつけは福祉職コースがあったことでした。

クレアールのよかったところ
特筆すべきは講義がmp3等で通勤・退勤・外出等でも受講することが出来たことです。社会人にとっては勉強時間の確保が非常に重要なので、机に向かわずとも通勤中等で受講できることが合格に繋がったと思います。私の場合は福祉という専門職であったこともあり、毎日聴覚的に取り入れつつ、視覚的にも学習することでインプットされやすかったと感じています。また、クレアールは受講生に対して先生が担当制なため、メール等で不安なことを確認しやすかったです。私は本当に細かいことでも相談させて頂くことで、学習にも集中して取り組めたと思います。担当の先生は細かいことでも連絡が来るので大変だったと思います(笑)が、毎回丁寧に相談に乗ってくれました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
上記にも記載しましたが、社会人ということもあり、勉強時間の確保になります。クレアールではmp3を利用することができるので、通勤時等での学習に使用することが出来ました。また、数的処理や判断推理などの一般知能部分が非常に苦手でしたので、まずは講義動画をひたすら見ました。そして、2週目ほどから部分的に動画を止めて自分の力で問題を解き、わからずに詰まってしまったときは、再び動画をみるというやり方をくりかえして学習しました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接試験では職場で他の職員と会議をする時などをイメージしてリラックスして話せるように意識しました。すでに社会に出て仕事をしており、他の機関と会議等をする機会もあったので、普段通りに話せることを意識しましたが、やはり当日は相当な緊張感がありました。そのことも踏まえて、クレアールの担任の先生に相談して面接練習や集団討論の練習をさせていただいたことで試験当日、非常に緊張していたとはいえ、スムーズにこなすことができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私のように社会人になっても夢を諦められない方がいると思います。私は短期大学出身であり、周りに公務員試験の情報共有を行える方は全くいない環境ではありましたが、クレアールのフォローや絶対に合格してやるというモチベーションを保つアイテム等をやる気スイッチにすれば、合格という結果は必ずついてくるので、現在夢を目指している方はがんばってください。

>>福祉系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top