Read Article

合格体験記2017速報版 A.Sさん(北九州市合格)

A.Sさん 最終合格先:北九州市

■公務員を志望した理由
公務員を志望したのは、行政の立場から多くの人の生活を支えたいと考えたからです。特に、大学生活では、ボランティア活動を多く行ってきてその中で考えさせられることが多かったです。また、様々な年代の人の助けに、支えになることができるのは公務員だと思ったからです。

クレアールを選んだ理由
クレアールを選んだのには以下の理由があります。まず、公務員試験を考えた時に法学部や経済学部出身ではなかったため予備校に行こうと思いました。しかし、地方在住の私にとって予備校に通う時間も経済的な負担ができる余裕もありませんでした。そんなとき、ネットの評判を見た時に高評価だったクレアールに連絡をとってみたところ親切に相談に乗ってくださり、受講を検討しました。また、特待生試験を受けたところ受講料が割引になり、他の予備校の半分以下になったことで受講を決心しました。あと、心配していた通信ならではの面接対策も電話でしていただけると書いていたことも受講を後押しする要因になり、安心することができました。

■クレアールのよかったところ
地方出身で、予備校に通う時間がなかったので、隙間、隙間に勉強をすることができました。また、通信講座だったので、好きな時間に好きな科目を勉強できました。学習の相談も担任の先生に相談すると、すぐに対応してくれるので大変参考になりました。面接も電話で複数回行ってくださり、安心して試験に臨むことができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
学習する上で苦労したことはモチベーションの維持です。どうしても、通信講座だと周りに人がいないため、だれてしまうこともありました。しかし、そんなときは学校で公務員を志望する友人と意見交換することや各自治体の説明会に参加して、自分が働いていることを考えるとやる気が上がり一生懸命勉強することができました。また。クレアールの講座の中にある、面接の動画や自治体研究の講座では、紙に書いたりする勉強ではないので間の時間に見るととてもリフレッシュすることができました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策では、クレアールの講座以外に各自治体の説明会に積極的に参加しました。特に、志望自治体以外でも近隣の自治体などにも出かけることで、志望自治体との比較や説明会でしか聞けない有意義な情報も多くありました。また、面接では、自分の本音を話すことを心がけていました。あと、自分の話に説得力をもたらすため、具体的な数字やデータを織り交ぜながら話すことを心がけました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は長い道のりですが、毎日少し1講義だけでも継続して受け続けることが大事だと思います。特に、私は、アルバイトもしていたのでさぼってしまうこともあり反省しています。(笑)様々な試験形態が公務員試験にはあると思うので、早めに情報収集をしていくことが大事だと思います。試験頑張ってください。

≫行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top