Read Article

行政書士合格体験記 山内 崇史さん

2015年社会保険労務士試験合格体験記

山内 崇史さん

  • 受講コース : 司法書士受験者向け行政書士コース
  • 試験までの総学習時間…約300時間

クレアールを選んだ理由

クレアールで司法書士試験講座を受講しており、クレアールで行っている「非常識合格法」での勉強方法が自分に合っていると感じており、「非常識合格法」が行政書士試験合格に一番の近道になると思い選びました。

条文への取り組み方法

条文は、過去問や答練で間違った論点や知識の定着が悪い条文は六法で引き、重要な部分に赤ペンで線を引きました。後は、暇な時に六法をながめていました。

一般知識攻略法

行政書士試験での一般知識の試験範囲は膨大で、足切りに合わない程度の試験対策が必要だと思いました。足切りに合わない対策とは、講義や答練等の復習及び新聞やニュースで知識を補う程度に学習しました。一般知識に目を向けすぎて、法令科目をおろそかにすべきではないと思います。

記述式問題攻略法

記述マスター講義で行う内容、添削課題及び答練等で行政書士試験の記述式の求められる記述すべきキーワード及び40字にまとめるテクニックを攻略すべきだと思います。特に添削課題や答練等で添削時に指摘された事はノートやテキストに書き込み、本試験で同じ論点が出題された場合は間違えない様に注意しました。

多肢選択式問題攻略法

過去問題、及び答練を行う事により、十分な対策になったと思います。多肢選択式独自の対策を行うより、択一対策を行う事により自然に多肢選択式の対策になったと思います。

モチベーションの維持の方法

私の場合、司法書士試験後に行政書士試験対策を行った為、講義をこなす事で精一杯でした。やる事が多いので、モチベーションが下がったままになる事はありませんでしたが、一時的にモチベーションが下がった時は、無理に勉強をせず、休憩をする事で、翌日や翌々日に勉強する気持ちになりました。モチベーションが下がった時は、無理に頑張らず休憩をする事が一番だと思います。

3WAYテキストについて

講義の時は3WAYテキストにマーカーを引き、講義で指摘された過去問題は必ず自分の力で行うよう徹底しました。

単元別カリキュラムについて

1単元1時間程度の単元別カリキュラムはとても良かったと思います。1時間程度だと集中して講義に臨め、また、過去問題や答練等で分からない論点が出てきた時は、対象の部分だけ、もう一度講義を繰り返し聴けるので、効率的に学習出来たと思います。

終わりに

私が司法書士試験から行政書士試験までの短期間で合格を出来たのは、クレアールに「非常識合格法」があり、クレアールの教育方法を忠実に守ったからです。勉強でつまずいた時には、クレアールの方々に相談をすれば的確なアドバイスを頂け、また、試験に合格する為には何が必要なのか、何が不要なのかを的確にアドバイスして頂ける、クレアールの講師はじめスタッフの方々のお力添えがあり合格できました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

「非常識合格法」で合格できるのかと思うかもしれませんが、行政書士試験の範囲を全て網羅する事は大変です。(特に、司法書士試験後から4か月で行政書士試験合格を目指すには、憲法、民法及び商法・会社法の知識を低下させない復習に加えて、行政法及び一般知識の試験範囲を全て網羅する事は大変です)行政書士試験に合格する為には、試験に重要な部分(受講生の50%以上が解ける問題)を確実に正解する事が重要です。その為には、範囲を絞って、確実に正解を導き出せる勉強方法が一番必要です。その勉強方法が「非常識合格法」であり、その勉強方法を提供して頂けるのはクレアールです。

クレアールの「非常識合格法」でなくても十分に合格は可能と思います。自分に一番あった講師及び講座を選び、学習する事が行政書士試験合格を勝ち取る一番の近道です。その講座がクレアールである事を願っております。

Return Top