Read Article

「グングン理解できる講義!独学との違いを実感」 山本 俊介さん

現在私は販売関係の仕事をしております。この仕事自体には不満はないのですが、やはり将来への不安、そして自分自身を変えたかったこともあり、何か資格を取ろうと思いました。法律に興味があったこと、将来開業もできるということで行政書士の試験を受けようと思いました。合格するまでには2年かかりました。

1年目は、まったく法律知識のない私でしたが、とりあえず市販の参考書等を買い独学で勉強していました。やはり独学ということもあってサボったりしていた日もあり、参考書を一通り終わらせた程度で試験に挑みました・・・が、見事に玉砕。基礎力の無さ、レベルの違いを痛感しました。やはり独学ではかなりの無理があるようです。1年目の試験の点数も法令問題に関しては、今年私が取った点数の1/3にも満たない点数という本当に酷い内容でした。

『行政書士の資格を得るためには、このまま独学を続けていては自分はダメだ』と思い、私は予備校を利用しようと決心しました。色々な予備校の資料等を見ましたが、迷わずクレアールを選びました。他の予備校に比べて授業料が非常に安く、それでいてちゃんと毎年合格者を輩出していることや、私は仕事と両立をさせなければいけなかったのですが、いつでも都合の良い時間帯に受講できること等が非常に便利でした。またコースですが、初学者向けコースや、学習経験者向けのコース、苦手分野を強化するコースなどがあり、受験生個人個人に合わせて自由に対応できるのも良かったです。

私が選んだ初学者向けのコースは、法律初学者の方はもちろん、独学で勉強したことがある方にも向いていると思います。私はこのコースを3月から始め、他の同コース受講者の方々よりも少し遅いスタートになってしまったのですが、仕事の休日等にたくさん視聴して遅れを取り戻しました。独学と違って、周りに同じ目標を持っているライバルがいると思うと、『自分も他の方々に負けられない』『サボっていられない』と良いモチベーションを維持できました。

学習方法について憲法・民法・行政法に関しては、担当の杉田先生の講義により、グングン理解できるようになりました。特に書くことに力を入れたと思います。条文はもちろん、判例の重要部分を書いて覚えました。日々書くことにより、結果それが記述式問題の対策にもなったと思います。

そんな中、私が一番気になっていたのが、一般知識問題の4割ラインでした。独学ではどこまでの範囲を勉強すれば良いか判断が難しいのですが、試験当日には安心して臨めたと思います。というのも先生の楽しい講義で日々の積み重ねが大事ということで、毎日、一般知識対策として新聞を読み、文章理解の問題を解いたからだと思います。あと、これも講義で教わったのですが、市役所等にある無料のパンフレット等には実は一般知識問題に出そうなことが意外と詰まっているものです。実際私も市役所で貰ってきました。お勧めします。

学習については仕事と学校の両立ということもあったので、仕事が終わってからの帰宅後がメインになりました。クレアールのテキストは本試験へ向けて勉強すべき重要な所がまとめてあるのでわかりやすく覚えやすかったです。また仕事の移動中や休憩中のちょっと空いた時間には1問1答式問題等をしていたので、仕事がある日でも1日3時間くらい(試験までの総時間約800時間)は勉強することができたと思います。本試験2ヶ月くらい前からはどうしても忘れてしまったところはテキストに戻ったりしていましたが、ほぼ本試験へ向けての問題を解くことに力を入れました。この頃には講座も答練がメインでした。あまり点数が伸びない時期もあり、悩んだこともありましたが、悩むくらいなら覚えようと思い、受講済みの答練を家でまた解きなおし復習しました。いただいた答練の解答には1問1問丁寧に解説が書いてありそこで再び新しい知識を詰め込むことができました。そして「実戦総合答練」「公開模擬試験」により、本試験の3時間という限られた時間の中で自分のペースで問題を解く感覚になれることができたので、今回の本試験でも時間内に全部の問題に対応することができました。

今回2回目の受験で合格することができましたが、独学で勉強を続けていては、きっと今回も無理だったと思います。今後もクレアールで学んだことを活かし勉強を続けていこうと思います。最後にクレアール講師の皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

Return Top